ブランディングとマーケティングはどう違う?仕事内容と戦略の立て方

「ブランディング」と「マーケティング」…なんとなく意味が違うことはわかっても、実務となるとその業務はどちらに相当するのかわからない状態になることはありませんか?

似ているようで中身が違うこの2つ、違いを明確にして取り組まないと、狙った結果が得られないことがあります。

今回はブランディングとマーケティングの違いを、仕事内容や戦略の立て方の観点から見ていきましょう!

TOC

ブランディングとマーケティングの違い

「ブランディング」とは、企業の価値を高め「消費者にこう思ってほしい」というイメージを実現するための施策、手法のことです。

消費者にとっての価値やメリットを高めることで、選ばれる会社・商品を形作っていきます。

一方で「マーケティング」とは、市場を作り、市場規模を広げ、商品の魅力を消費者に伝えて認知度を高めていくためのプロセスのこと。

ブランディングよりも幅広く定義され、マーケティングの中にはブランディングも含まれています。

セールスとの違い

セールス(営業)とブランディングの違いは、販売の仕方にあります。

セールスではお客様に商品のメリットやそれによる相手の利益などを伝えたり、他のユーザーの声を伝えたりすることで、お客様の購買欲をかきたたせます。

ブランディングの場合、お客様に直接商品のアピールはしません。

ブランディングで何よりも重要なのはイメージ形成。

企業がお客様に抱いてほしいイメージを演出し、そのイメージに共感したお客様を集めていきます。

プロモーションとの違い

プロモーションもマーケティング活動の1つに含まれ、お客様の消費意欲を喚起するための活動全般のこと。

言い換えれば、販売促進や宣伝活動によるお客様へのアプローチです。

プロモーションもセールス色が強いのが特徴ですが、逆にセールス色・売り込まれ感を感じさせないのがブランディングの重要なポイントになります。

PRとの違い

PR(Public Relations)とはプロモーション活動の1つで、企業とパブリック(社会全体)の間に、お互いに利益のある関係を築くこと

日本パブリックリレーションズ協会ではこのように定義されています。

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会  
パブリックリレーションズとは
パブリックリレーションズとは執筆 駒橋恵子(東京経済大学 コミュニケーション学部 教授/博士<社会情報学>) 広報・PRの定義…

ブランディングのゴールは狙い通りのイメージをお客様に持ってもらうことであり、PRのゴールはお客様に「自分にとって利益がある」と思ってもらうことです。

マーケティングの仕事と戦略

では、マーケティングではどんな仕事・活動をして、どんな戦略を立てていくのでしょうか?

販売・販促に直接関わる活動

マーケティングの範囲はニーズの調査、市場開拓、顧客分析、競合分析、商品開発、プロモーションとかなり幅広いですが、これらはすべて販売や販促に直接関わっていることがポイントです。

商品をお店に並べたり営業をかけたりする“販売”に直結した面もあれば、市場調査してニーズのある商品を作ること、お客様の声を商品に盛り込むこと、時代に合わせてビジネス形態を変えることも、“販売”に関連しています。

マーケティングでは販売・販促に繋がる活動を行い、ビジネスの土台を作っていくのです。

顧客に焦点を当てた戦略が実を結ぶ

マーケティングを成功させ、ひいてはビジネスを成功させるためには、顧客に焦点を当てた戦略が重要となっています。

顧客あってこその商品であり、顧客あってこそ会社が成り立っているためです。

  • 顧客が何を求め、逆に何に不満を持っているのか
  • 購買チャネルはどこを使うのか
  • 企業からどんな情報を求めているのか

すべての中心に顧客を置くことで、顧客に寄り添ったビジネスができます。

結果的には顧客の“かゆいところに手が届く”状態になり、顧客中心の戦略はやがて実を結ぶでしょう。

マーケティングにおける「ブランド」とは

「ブランド」というとヴィトンなどの高級品をイメージしますが、マーケティングにおいて「ブランド」とはその企業や企業価値のことを指します。

昔は「餅は餅屋」と専門店が立ち並ぶ時代でしたが、現代はさまざまな商品を扱うドラッグストアもあり、スーパーもあります。

そんな中で選ばれるためには、いかに他社と差別化するか、いかに企業価値を高めて選ばれるようにするのかが注目されるようになりました。

今やマーケティングとブランディングは切っても切れない関係にあります。

マーケティングを成功させることは、同時にブランディングを成功させることでもあるのです。

ブランディングの仕事と戦略

ブランディングの仕事・活動内容と、戦略の立て方はマーケティングとは異なります。

企業価値を高めていく活動

「ブランディングとは企業価値を高めていく活動のこと」といっても、抽象的すぎでピンと来ない人も多いかもしれません。

わかりやすく言えば「顧客には企業に対してこんなイメージを持って欲しい」というイメージを企業が自ら表現し、顧客に植え付けていく活動のこと。

顧客が企業に対して抱いたイメージは、顧客の中でそのまま企業価値として形成されていきます。

価値を高めるには誰かに代弁してもらうこと

しかし、企業が狙った通りのイメージを100%顧客に植え付けることは難しいです。

場合によっては「良い」と思った表現が顧客にとっては「悪い」という評価を受け、炎上してしまうことも。

これでは、悪いイメージが形成され、企業価値を下げてしまいます。

そこで価値を高めるための戦略として有効なのが、誰かに代弁してもらうこと。

つまり、誰かに「A社は素晴らしい会社らしいよ」と語ってもらい、その良いイメージを顧客同士で広めていってもらうことです。

そのためには企業自らが仕掛け人にならなくてはいけません。

それこそが企業の実力が試される場面です。

現代のブランディングの課題

現代のブランディングの課題として、ある施策をブランディング目的で行なっているはずなのに、いつの間にかセールスやプロモーション活動になってしまうことが挙げられます。

例えば、ブランディングのためにオウンドメディアを立ち上げたのに、商品の紹介やPRがメインのコンテンツになってしまった。

ブランディングのためにSNSを始めたのに、宣伝やキャンペーンの案内ばかりになっている。

そういったブランディングからプロモーションに変わっている事象に気付いたら、すぐさま方向性の見直しや修正をする必要があるでしょう。

ブランディングとマーケティングの両方を学べる本3選

ブランディングを学ぶには、同時にマーケティングについても学ぶことで、効率的により深くこの2つの知識を吸収できます。

そこで、ブランディングとマーケティングの両方を学べる本を3つご紹介しましょう。

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール

マーケティング的な視点でブランディングの概念や基礎知識を身に付けるならこちら。

ブランディングとはすなわち「顧客体験」を作ることであり、そのノウハウやポイントが詳しく解説されています。

同じシリーズに下記の本があるので、合わせて読んでみるのもいいですね。

ブランディングの科学 誰も知らないマーケティングの法則11

本書ではブランディングの実務に役立つ11の法則や考え方がエビデンス付きでまとめられており、現場でその都度読み返したい本となっています。

それらの法則はマーケティング全般にも通ずるため、ブランディング活動からマーケティング活動に移ったときでも活用できるでしょう。

D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略

ブランディングに欠かせない「世界観」づくりと、その世界観を形にするための「テクノロジー」。

本書ではこの二者について徹底的に解説され、実務にも役に立つ内容が盛りだくさんです。

お客様との関係性の構築やストーリーテリングなど、マーケティング的な側面についても学べます。

ブランディングとマーケティングのバランスを意識すること

実はブランディングだけ、マーケティングだけと施策がどちらかに偏ってしまうことで、思った通りの結果にはなりません。

どちらか片方が苦手になるという弊害も考えられます。

それなら、最初からブランディングとマーケティングのバランスを意識しながら取り組むのが正解。

2つのバランスを意識すると、売上や認知向上など良い結果をもたらすでしょう。

ゼロから立ち上げた『EDiT.』が、たった4ヶ月で急成長。ロースターのオウンドメディア運営方法を無料で教えます。

無料PDF:ロースター式オウンドメディアのゼロからの立ち上げ方を無料公開。

オウンドメディアを始めようか悩んでいるけど、何から始めればよいのかわからない。始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか?

この資料では、ロースターが実際にどのようにオウンドメディアを立ち上げ、現在どのように運営しているのかをひとつひとつ解説しています。CMSの選び方から、LPの作り方、記事の運営方法まで、ロースター式オウンドメディア運営術をPDFにまとめました。

あなたのメディア立ち上げ・運用に、ぜひご活用ください。

 

TOC
閉じる