営業マンの武器になる営業資料の作り方|事例・テンプレート有り

営業のやり方や流れは研修を受けたり実務を積んだりすることで身に付けられます。その一方で営業資料作りには“練習”というものがなく、ほとんどの人が自分の感覚に任せて作ってしまいます。

営業資料は言ってしまえば営業マンの武器です。今回は現場で役立つ営業資料の作り方を解説します。

TOC

営業資料作りのよくある悩み

まずは営業資料作りのよくある悩み・疑問を解決しましょう。

そもそも営業資料は何の役に立つのか

中には営業資料という武器を使わず、素手で戦う営業マンもいます。しかし、営業資料があった方が営業活動がスムーズなのは間違いありません。

お客様は営業マンに言われたことを100%覚えられないもの。また、実績について言われても、データがなければ信頼できません。だからこそ営業マンの話の内容や実績のデータがまとめられた営業資料が役に立つのです。

他にも、営業マンが言葉に詰まったとき、お客様から質問されたとき、頭が真っ白になったとき…そんなときも、営業資料が助けてくれることがあるでしょう。

何より、営業マンが去ったあとに営業資料の本領が発揮されます。お客様は営業資料と向き合って、ゆっくり考え検討できるのです。

上司や決裁者に相談するときにも営業資料が役に立ちます。

営業資料作成代行に頼むべきか

より良い営業資料を作るために、営業資料作成代行に頼む企業もあるでしょう。しかし案件ごとに営業資料の作成を頼むのはコストがかかるわりに、ノウハウを蓄積できないのでもったいないことです。

代行業者に依頼するのは最初の数回にして、その後は自社内で作ることをおすすめします。プロが作った営業資料から学び、自社でのテンプレートにするのです。

テンプレートを使い回していいのか

では、営業資料を毎回同じデザイン・配置のテンプレートとして使い回していいものでしょうか?

実は何度も営業をする場合には、同じテンプレートで作った方が先方に覚えてもらいやすいというメリットがあります。

「この型は〇〇社のものだ」と覚えてもらえれば、たくさんの資料の中から目に留まりやすくなります。

案件によってはまったく同じテンプレートが使えない場合があるため、目的や内容に応じたテンプレートをいくつか用意するといいでしょう。

武器になる営業資料の作り方

営業マンをサポートし、武器になる営業資料の作り方を解説します。

パワーポイントで作る

営業資料をパワーポイントで作るのは一見すると当たり前のこと。しかし、中にはパワーポイントの使い方がわからずWordやExcelで作る人、他のツールを使ってオリジナリティを出しすぎる人がいます。

パワーポイントは資料作成ツールの代表。使い方をマスターしておけば、どの企業でのどんな資料作りにも対応できます。

また取引先での急なプレゼンにも利用可能。パワーポイントは使えるようにしておきましょう。

営業相手を明確にする

資料作りに取り掛かる前に、営業相手を明確にしておきます。

営業相手は一般消費者なのか?企業なのか?それとも行政でしょうか?それを言い換えればBtoCか、BtoBか、BtoGかということになります。

消費者・企業・行政ではその商品・サービスを使う目的や達成したいこと、利益などが異なるため、誰に営業するかを念頭に置いた資料作りをしなければいけません。

営業資料の構成を作る

次に営業資料の構成を作ります。お客様が読みやすく、内容が入りやすい構成は次の通りです。

  1. 表紙(社名を記載)
  2. コンセプトや現状の悩み
  3. 商品の情報
  4. 導入のメリット
  5. 実績
  6. 会社概要(連絡先を記載)
  7. 裏表紙(Webサイトや住所を記載)

商品やサービスの情報が手元にあれば、あとはこの構成に当てはめていくだけです。

商品・サービスの訴求ポイントを入れる

構成の3「商品の情報」と4「導入のメリット」にあたる部分には、商品・サービスの訴求ポイントを入れましょう。

例えば、次のような訴求ポイントがあります。

  • ニーズ:実は損をしている、時間がないなど
  • サービスの価値:手間が減る、実績が多数、信頼性が高いなど
  • 付加価値:今申し込むと商品券プレゼントなど
  • 他社との比較:成分の違い、お得感の違い、安心の違いなど

訴求ポイントから一番伝えたいことを主張する

営業資料の中には訴求ポイントをたくさん盛り込みますが、最後に一番伝えたいことを主張します。営業側の視点ではなく、お客様側の視点で「このひと言があったら買うかも」というものをアピールするのです。

例えば「このツールを使うと50%の人員削減ができる」「他業種と連携しているから他社には真似できないサービスができる」など。

一番伝えたいことが明確になったら、丸々1ページ使って主張しましょう。ここでもデータや実績を載せたり、既存のサービスと比較したりなどの数値があると説得力が増してより良い資料になります。

事例や実績を載せる

ここまでも何度か述べていますが、営業資料の中には事例や実績を必ず載せるようにしましょう。

事例や実績があることでお客様は実際に商品・サービスを導入した後にどのように変化するのかイメージしやすいですし、何より信頼性が大きく向上します。

もし事例や実績がまだ無いのであれば、低価格または無料でモニターを依頼するのがおすすめ。実際に誰かに使ってもらい、客観的な視点で評価してもらいましょう。

「次の行動」は明確に

ほとんどの営業資料は訴求ポイントがしっかり伝えられていて魅力的なのに、契約されない場合が多いです。その理由は「次の行動」が明示されていないから。

お客様が気に入ってくれたのに、次はどのように行動したらいいのかがわからないと面倒くさいと思われます。これでは機会損失です。

名刺を添えるだけでなく、気になったときにすぐコンタクトを取れるよう、営業資料にお問い合わせ先や担当者の名前を入れておくといいですね。

また「導入の流れ」「導入後の使い方」などがあるともっと便利です。気軽に申し込みできるように、QRコードなどで申し込みフォームにアクセスできる仕組みにするのもおすすめです。

整ったデザインを意識する

おしゃれなデザインは時として読みづらいことがあります。「おしゃれ」ではなく、整ったデザインを意識しましょう。

整ったデザインにするには、人がどのような目線の流れで資料を読むのかを覚えると作りやすいです。

A4の縦型資料の場合、人の視点は上から下へ移動しつつも(I型)、読むときには左から右→斜め→左から右と流れます(Z型)。

このI型とZ型を意識下配置をするだけで整ったデザインで読みやすい営業資料になるでしょう。

おしゃれにしたいときは、挿入する写真やイメージ画像をおしゃれなものにするだけでも変わりますよ。

営業資料の参考事例・テンプレートサイト集

実際にどんな営業資料を作ればいいのか迷ったときの参考に、事例サイト・テンプレートサイトをまとめました!

※テンプレートとして提供されているもの以外は、そのまま使用すると盗用になります。参考にしつつ、オリジナルを作るようにしましょう。

SlideShare

www.slideshare.net
SlideShare.net
SlideShare.netDiscover, Share, and Present presentations and infographics with the world’s largest professional content sharing community.

SlideShareは様々な企業のスライドが紹介されているサイトです。「営業資料」と検索すると、実際に作られた営業資料の一覧が表示されます。

海外のサイトですから、海外の事例も盛りだくさん。海外の営業資料を探したいときには「sales material」と検索してみてください。

SmartHR

SmartHR(スマートHR)|シェアNo.1のクラウド人事労務ソフト
SmartHR(スマートHR)|シェアNo.1のクラウド人事労務ソフト
SmartHR(スマートHR)|シェアNo.1のクラウド人事労務ソフトSmartHRは、全国2万社以上が登録するシェアNo.1のクラウド人事労務ソフトです。入退社手続きや従業員情報の一元管理、年末調整などの人事・労務管理をペーパーレスで。さら...

SmartHRは人事・労務ツールを提供している会社ですが、様々な資料を無料でダウンロードできます。SmartHRの資料はテーマカラーが決まっているため、どれもまとまりがありますね。

さらに読みたくなるようなデザインで、視点の動きも計算されて中身も読みやすいです。

Canva

https://www.canva.com/

Canvaは無料で使えるデザインツールですが、実は営業資料のテンプレートが豊富!多くのテンプレートから気に入ったものを選び、あとは写真や文字を当てはめていくだけでおしゃれな営業資料が出来あがります。

しかもCanvaではパワーポイント(.pptxファイル)としてダウンロードできるのも大きな魅力です。いちいちパワーポイントで似たようなデザインを作る手間がかかりません。

急な飛び込みでも安心!営業資料を営業マンの武器にしよう

営業資料が手元にあれば、急な飛び込み営業を指示されたときや新任の営業マンでも安心!営業資料を台本として使えますし、先方に断られても営業資料だけ置いて帰ることはできます。

営業マンは営業資料を武器にして、営業効率を高めていきましょう!

ゼロから立ち上げた『EDiT.』が、たった4ヶ月で急成長。ロースターのオウンドメディア運営方法を無料で教えます。

無料PDF:ロースター式オウンドメディアのゼロからの立ち上げ方を無料公開。

オウンドメディアを始めようか悩んでいるけど、何から始めればよいのかわからない。始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか?

この資料では、ロースターが実際にどのようにオウンドメディアを立ち上げ、現在どのように運営しているのかをひとつひとつ解説しています。CMSの選び方から、LPの作り方、記事の運営方法まで、ロースター式オウンドメディア運営術をPDFにまとめました。

あなたのメディア立ち上げ・運用に、ぜひご活用ください。

 

TOC
閉じる