視野を広げると仕事で有利に!今すぐできるトレーニング方法を紹介

「視野が狭くなっているよ」「広い視野で考えなさい」このように言われた経験がある人は少なくないと思います。

視野の広さはビジネスシーンをはじめとするあらゆる場面で求められるため、今一度「視野の広さ」について考えてみましょう。

また視野を広げるためのトレーニング方法も紹介しているので、視野を広げたいと思っている人はぜひ参考にしてください。

目次

「視野が広い」とは?

そもそも「視野が広い」とはどのような意味なのでしょうか。

「視野」とは、目に見える範囲を意味しています。その意味が転じ、知識や思考の範囲を「視野」と言うようになりました。

つまり「視野が広い」とは、知識が思考の幅が広く、多面的に物事を考えたり柔軟に適応したりできることを指します。

視野の広さは、さまざまな場面で求められます。

たとえば仕事でトラブルがあったとき、視野が狭ければ自身が置かれている状況でしか判断できなくなります。しかし本当は、周囲の状況や時系列で起こったことなど、さまざまな面から紐解いていかなければ最適な判断ができません。つまり視野を広げて考えなければ、適切にトラブルに対処できないのです。

このように、視野の広さはビジネスシーンでも欠かせないスキルなので、仕事で活躍したい人は視野を広げるトレーニングが必要になります。

かといって、すぐに視野を広げることはできません。知識や経験の豊富さに裏付けられるスキルなので、日ごろから意識的に行動することで視野を広げていけるでしょう。

視野が狭い人の特徴

日々の生活や仕事では「自分の視野は狭いかもしれない」「視野が狭い考え方とは?」と感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで視野が狭い人の特徴を3点紹介します。もし当てはまるようなら視野が狭い可能性があるので、視野を広げるよう意識しましょう。

自己中心的

視野が狭い人は、自己中心的になりがちです。視野が狭いと自分本位でしか考えられなくなり、周囲の状況や周りの人の事情などを考慮できなくなるからです。

そのため他人の意見に耳を貸さず、自分の意見を押し通す傾向があります。また自分に都合の良いようにしか行動できなくなり、柔軟な対応も難しくなるでしょう。

自分の意見を大切にするのは悪いことではありませんが、状況によっては広い視野で考えなければいけないこともあるので、柔軟性を身につける必要があります。

ネガティブ

視野が狭い人は、ネガティブな思考の人も多い傾向です。

視野が狭いと目の前のことしか見えなくなり、何か問題が起きても解決しようと思えません。「自分のせいで…」「なんで自分だけ…」というネガティブな思考になってしまい、さらに視野が狭くなり前向きに考えられなくなるのです。

一方、視野が広いと何かトラブルに直面しても心の余裕があります。時系列で物事を整理したり周囲の状況を理解したりして、前向きに解決へと向かえます。

チャレンジしない

視野が狭いと固定概念にとらわれがちなので、新しいことにチャレンジしない傾向があります。古い価値観や今までの経験に縛られてしまい、新しいことに挑戦して変化することを嫌います

その結果、学びや経験のチャンスを逃してしまうため、いつまでも成長できないのです。

特にビジネスは流動的で変化が速いため、新しいことへのチャレンジが求められるシーンも少なくありません。視野が狭いとなかなかチャレンジする一歩を踏み出せず、ビジネスの変化についていけなくなる可能性もあるでしょう。

視野を広げる仕事上のメリット

仕事では視野の広さが必要な場面が多々あります。仕事をするうえで、視野が広いと以下のようなメリットを得られます。

冷静で客観的な判断ができる

視野が広いと、客観的に物事を見ることができるため冷静に判断できます。

仕事では適切な判断が求められるシーンが多いですが、広い視野をもっていると物事の全体像が見えるため、全体の関係性を見据えた客観的な判断が可能です。また視野が広いと心に余裕が生まれるので、冷静に決断できます。

しかし視野が狭いと、こうはいきません。固定概念や思い込みがあり、偏った判断になりやすいのです。

また視野が狭いと、何かトラブルがあって判断しなければいけない場面でも、焦ってしまったり感情的になってしまったりする傾向にあります。そのため迅速に判断できず、トラブルが大きくなってしまうこともあるのでしょう。

他人の意見を受け入れられる

視野が広い人は、他人の意見やアドバイスを素直に受け入れられます。

たとえば仕事で上司から指摘されると、ムッとしてしまうこともあるでしょう。視野が狭い人は「自分が正しい」と思いこみやすくなり、指摘された内容が本当のことであっても改善しようとしません。

しかし視野が広いと「自分はそこを改善すればもっと良くなるんだ」と受け入れられます。意見を聞き入れて自分の短所やボトルネックを改善できるため、成長やスキルアップにもつながります。

また他人の意見を尊重できるので、人間関係が円滑になるでしょう。会議など相手の意見を聞き入れなければいけないシーンでも、しっかりと傾聴したうえで自分の意見を発言でき、相手を不快にさせず議論ができます。

思考力や発想力が高まる

視野を広げることで、思考力や発想力が高まります。

視野が狭いと一方からでしか物事を見られないため、複雑な思考や柔軟な発想ができません。一方通行の見方では、物事の因果関係や側面を見ることができず、単一な思考や発送になりがちです。

視野が広い人は、豊富な知識や思考の幅をもっています。そのため、物事を多面的に見たり、さまざまな知識を組み合わせたりするスキルに長けています。複雑な問題を解決するときや、新しいアイデアを出すときに、視野の広さは武器になるでしょう。

効率的に仕事を進められる

視野の広さは、仕事の効率性にも影響します。

視野が広げると、仕事の進め方や業務のムダなどを分析する力が高まるため、より効率的な方法を検証できるようになるのです。またチャレンジ精神もあるので、別の業務フローを試したり、新しい業務ツールを使ってみたりすることで、より効率的な仕事の進め方が見つかります。

一方、視野が狭いと一つのやり方に固執してしまい、効率的に仕事を進めるための柔軟な発想ができません。また他人の意見を受け入れられないので、疑問や不明点があっても自分で解決しようとしてしまい、予定外の労力がかかってしまうこともあります。

キャリアチェンジやキャリアアップの可能性が広がる

視野が広い人は、キャリアチェンジやキャリアアップなどの可能性が広がります。自分が置かれている状況について客観的に判断できるため、将来像を具体的に描けるからです。

たとえば現職で営業職をしているAさんとBさんがいると仮定します。

視野が広いAさんは「自分はお客様への提案力が優れている」「これからIT分野の成長が期待できる」と客観的に判断でき、営業職で営業スキルを磨きつつITの力を身につけて、ITコンサルタントにキャリアチェンジできました。また視野を広くもって仕事をしているため周囲からの信頼も集め、すぐに昇進・昇給といったキャリアアップにもつながります。

一方、視野が狭いBさんは多面的な思考ができないため、与えられた仕事をこなすだけです。なんとなく毎日不満を抱いているものの、変化を嫌うため転職にも踏み切れません。

これは一例ではありますが、実際に同じようなことは起こりえます。視野を広げると、自分の将来の選択肢を増やすことができるのです。

視野を広げるトレーニング方法

「視野を広げたい」と思っても、すぐに身につくものではありません。視野の広さは知識や経験も関係するため、日々意識的に取り組むことで徐々に身についてきます。

視野を広げたいと思っている人に向け、今日から実践できる視野を広げるトレーニング方法を紹介します。

一呼吸置く

判断や意見を求められたときに一呼吸置く習慣を身につけましょう。一呼吸置いて「視野を広げて考えよう」と意識することで、冷静に考えられるようになります。

「一呼吸置く」という方法は、視野を広げるための直接的なトレーニング方法ではありません。しかし視野が狭い人は一旦冷静になるタイミングが必要なので、「一呼吸置く」という行動を取り入れれば、自発的に視野を広げようと意識できるはずです。

さまざまな情報元から情報収集する

情報収集する際には、さまざまな情報元を参考にすると視野が広がります。

視野が狭い人は自分の考えに固執してしまうので、自分が信じている情報元からしか情報を得ない傾向があります。しかしそれでは情報が偏ってしまい、思考の幅が広がりません。

そのため、視野を広げるためにはさまざまな情報元を参考にしましょう。新しい発見に触れることで、物事を多面的に見られるようになります。

知識のインプットを増やす

視野の広さには知識量も重要です。視野を広げたい人は、ぜひインプットの機会を増やしましょう

テレビや新聞、読書など知識を得られる媒体は複数あります。

また最近ではSNSや個人ブログもおすすめです。有識者や著名なビジネスパーソンなどはSNSやブログで情報発信をしているので、新しい知識を得ることができるでしょう。

他人の意見に耳を傾ける

視野を広げたい人は、ぜひ他人の意見に耳を傾けることを意識してください。

視野が狭いと「自分が正しい」と思いこみやすく、他人の意見に否定的になりがちです。しかし実際には他人の意見から学ぶことも多く、新しい発見につながることもあります。

最初はなかなか他人の意見を受け入れられないかもしれませんが、視野が広くなってくると柔軟に考えられるようになり、他人の意見も受け入れられるようになります。まずは傾聴することから始めましょう。

新しいことにチャレンジする

視野が狭い人はチャレンジや変化を嫌う傾向にありますが、そのような人こそ新しいことにチャレンジしてみましょう。今まで知らなかった世界に触れて刺激を受け、思考に柔軟性が生まれます。

ただし、最初から大きなことにチャレンジする必要はありません。まずは趣味や資格など、すぐに始められることからチャレンジしてみましょう。

客観的な視点を身につける

視野が狭い人は自己中心的な考えになりやすいので、客観的な視点が必要です。自分や周囲の状況を客観的に見られるようになれば、視野が広くなり柔軟に考えることができます。

とはいえ、客観的な思考を身につけるのは簡単なことではありません。

そこで「何か問題が起きたときに、出来事や状況を紙などに書き出して整理する」など、簡単にできることから始めましょう。

視野を広げて仕事の可能性を広げよう

視野の広さは、仕事で大きなメリットがあります。現代のビジネスパーソンには必須のスキルともいえます。

まずは自分が「視野が広い人」なのか「視野が狭い人」なのかを理解し、視野を広げるための取組みを意識的に行う必要があります。

本記事で紹介した視野を広げるためのトレーニングを実行し、知識を増やしたり思考方法を変えたりして、徐々に視野を広げていきましょう。

立ち上げから1年で月間10万PV達成! ゼロからのオウンドメディア運営マニュアルを公開中

「オウンドメディアを立ち上げようとしているけど、具体的に進め方がわからない」
「メディアを立ち上げたは良いものの、コンテンツを作っても中々アクセス数が伸びない」

という悩みを抱えているメディア運営者の方は多いでしょう。

下記のページでは、元々WEBに強くなかったロースターがこのオウンドメディア「EDiT.」の運用開始から1年で月間10万PVを達成するまでに実行した施策を紹介しています。

ぜひご覧ください。

読んでいただきありがとうございます。シェア大歓迎です。
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる