表現力を養って仕事を円滑に!表現力を高めるメリットや方法とは?

「もっと表現力を高めなさい」と指摘されても、表現力の磨き方がわからないという人も多いのではないでしょうか。また表現力を身につけることにどのようなメリットがあるのか理解しておらず、表現力の必要性を感じていない人も多いかもしれません。

しかし実は、表現力は円滑に仕事をしていくためには欠かせないスキルです。

そこで本記事では表現力を身につけるメリットやトレーニング方法について解説します。表現力を高めたいと思っている人はぜひ参考にしてください。

目次

表現力とは

表現力とは、自分の思考を相手に伝わるよう表現する力です。

一般的には、言葉や表情、声や身ぶりなどで表現します。また歌や音楽、ダンスや絵画などで表現する人もいます。

表現力が欠けていると自分の気持ちや考えが正確に伝わらないため、円滑に生活をしていくうえで必要なスキルです。

とりわけビジネスシーンでは、表現力の有無によって仕事にも影響があります。ビジネスではちょっとした誤解から大きなトラブルになりやすく、表現力が乏しいと会社に大きな損失を与えかねません。

そのため日ごろから表現力を養い、自分の意図を正確に伝えられるよう意識する必要があるのです。

表現力が豊かな人の特徴

表現力は仕事や日常生活を営むにあたり重要なスキルです。それでは、表現力が豊かな人とはどのような人なのでしょうか。特徴を紹介します。

ボキャブラリーが豊富

表現力が豊かな人は、ボキャブラリーが豊富で多彩な言葉を使いこなせるのが特徴です。

習得している語彙数が多いため、自分の思考を適切に表せる言葉を選択して伝えられます。また敬語や慣用句も豊富に知っており、相手や状況に合わせた言葉選びが可能です。

たとえば「嬉しいです」という気持ちも、相手や状況によって「嬉しく存じます」「光栄です」「喜ばしいことです」などと言い換えられます。

一方、ボキャブラリーが少ないと自分の感情に当てはまる言葉が出てこず、正確に気持ちを伝えられないでしょう。

相手に合わせた話し方ができる

表現力が豊かだと相手に合わせた話し方ができるため、より自分の意図が伝わりやすくなります。

たとえば社内でも、同僚と話すときと上司と話すときでは、同じような言葉や表現方法を使う人は少ないでしょう。さらに相手が取引先や顧客であれば、なおさら表現方法も変わります。

しかし表現力が乏しいと、失礼な言い方になったり誤解を招く表現になったりしてしまい、思わぬトラブルになりかねません。

一方、表現力が豊かな人は相手に合わせた話し方ができるため、自分の気持ちを伝えられるだけでなく信頼関係も構築できるでしょう。

表情も豊か

表現力が高い人には、表情が豊かだという共通点もあります。

表情は、自分の感情が最も表れるものです。たとえば「ありがとうございます」と言っていても、笑顔なのとムスッとしているのとでは、相手に与える印象が大きく異なります。

ビジネスシーンでは、特に表情が大事になります。プレゼンの際に真剣な表情であれば、相手にも熱意が伝わり商談がうまくいく可能性が高まるでしょう。

身ぶり・手ぶりを効果的に取り入れている

身ぶりや手ぶりも、自分の気持ちを表現するのに効果的です。表現力が豊かな人は共通して、身ぶり・手ぶりなどのボディランゲージを交えて話しています。

身ぶりや手ぶりは言葉だけでは伝わりにくい内容を表現するのに適しており、プレゼンや会議のときなどに適切に使うことで、相手により伝わりやすくなるのです。

また相手の注意を引きつける効果もあり、自分の話をしっかりと聞いてほしいときにも役立ちます。

素直に感情表現ができる

表現力が高い人は、素直に喜怒哀楽の感情表現をします。嬉しいときは笑顔で喜び、悔しいときは歯を食いしばって悔しがれるのです。

たとえば誰かの業務を手伝ってあげたとき、嬉しそうな表情で「ありがとう」と言われると、相手のありがたいと思う気持ちが伝わり「また手伝ってあげよう」という気になります。しかし淡々とした表情で「ありがとう」と言われても、本当にありがたいと思っているのかわからず「せっかく手伝ってあげたのに…」と思ってしまいますよね。

このような感情表現ができるかどうかも、表現力に差が出るポイントなのです。

表現力を仕事に活かすメリット

表現力を身につけると、仕事でも良い効果があります。表現力を仕事に活かすと、以下のメリットが期待できます。

コミュニケーションが円滑になる

表現力があると自分の思考や感情が相手に伝わりやすくなり、コミュニケーションが円滑になります。

表現力がないと自分の意見をうまく伝えられないだけでなく、誤解を招いたり不快にさせたりしてしまうことも。それでは人間関係にヒビが入ってしまい、仕事もうまくいかなくなってしまいます。

しかし表現力があれば、このようなリスクを避けられます。自分の意見をしっかりと伝えられることで、会議や商談の場でも良い効果が生まれるでしょう。

商談やプレゼンがうまくいく

表現力は、商談やプレゼンの場面でも役に立ちます。

商談やプレゼンで自分の意図が伝わらないことは致命的です。商材の魅力を伝えきれず、相手の印象に残りません。また納期や料金などの細やかな交渉の際にも、表現力が乏しいと曖昧な表現になってしまい、認識にズレが生じてしまいます。

一方、充分な表現力があれば、商材の魅力を最大限に伝えられるため顧客の購買意欲を高められます。プレゼンや商談の質が向上するため、成果にもつながりやすくなるでしょう。

伝わりやすい資料を作成できる

表現力を発揮できる場面は、誰かに話をするときだけではありません。資料作成の際にも、表現力の有無によって成果物の質が左右します。

表現力があれば、どのようなキャッチフレーズや文章であれば相手に伝わりやすいのかを考えながら資料を作成できます。また、より伝わりやすいよう画像やグラフなども効果的に活用できます。

周囲から信頼される

表現力が高いと自分の感情が相手に伝わりやすいため、裏表がない人という印象を与えます。そのため共感や信頼を得やすくなるでしょう。

表現力が備わっていないと、言葉選びや表情が不適切になってしまい相手を不安にさせてしまうこともあり「信頼できない人」と思われかねません。

そのため表現力が充実しているほうが信頼を獲得しやすくなり、社内での評価にもつながるのです。

ITでは代替できない人材になれる

AIの進化により、IT技術が人を超える時代がくると言われています。ロボットやAIの発達で、人間の仕事が奪われるようになると予想されています。

しかし表現力は、ITには代替できない人間ならではのスキルです。表現力が豊富だとIT技術では実現できない表現も可能になり、ITでは代替できない人材になることができます。

今後、さらにITが進歩すると予想されています。ITと共存していくためには、人間にしかないスキルを磨く必要があります。その一つとして表現力は欠かせません。

表現力を養う方法

表現力を個性として生まれ持った人もいますが、日々の努力でも高めていくことが可能です。表現力を養うためのトレーニング方法を紹介します。

語彙力を身につける

知っている言葉が多いほど表現の幅が広がり、自分の思考を適切に表せるようになります。語彙力を身につけ、使える言葉の数を増やしましょう。

語彙力を身につける方法はさまざまで、以下のものは一例です。言葉を目で見たり耳で聞いたりすることで、多彩な言葉に敏感になり語彙力が身につきます。

  • 多様なジャンルの本を読む
  • ラジオを聞く
  • 語彙力トレーニングのアプリを利用する
  • 日記をつける

さまざまな言葉に触れる機会を増やし、語彙力を高めて表現力を磨きましょう。

情報発信をしてみる

表現力を高めるためには、インプットだけではなくアウトプットの機会も大事です。アウトプットの回数を増やすには自らで情報発信をしてみてはいかがでしょうか。

最近ではTwitterやInstagramなどのSNSで、手軽に情報発信ができます。もちろんブログなどもおすすめです。

自分が伝えたい情報を発信する際には「どういう伝え方ならわかりやすいだろうか」と考えるはずです。この思考が表現力を高めます。

自分の考えをまとめ、わかりやすく文章にすることで、伝えたいことを表現する力が身につきます。

相手に合わせた言葉を選ぶ

表現力が乏しい人はいつも同じ表現ばかりを使い、相手に合わせた言葉遣いや言い回しができません。

わかりやすい例でいうと「やばい」「すごい」などの多用です。そのため自分の本意や意図が伝わりきらず「表現力がない」と判断されてしまいます。

表現力を高めたいのであれば、相手に合わせて伝わりやすいよう話しましょう。

たとえばスマホの知識がない高齢者にスマホの使い方を教える際、「インストール」「スクショ」などの用語は使いませんよね。もっとかみ砕いた言葉に直して話すはずです。

表現力を高めるためにさまざまな人と話す機会を増やし、相手に伝わっているかどうかを確認すると良いでしょう。

多くの価値観に触れる

さまざまな人との交流を増やして新しい価値観に触れることで、「この人の表現方法がわかりやすい」「こんな表現方法をしてみたい」という人に出会えるはずです。多様な表現方法を知れば、自身の表現の幅も広がります。

また自分と違う価値観の人とは「どうすればお互いにわかりあえるか」という視点で接することができます。今までの自分の表現方法ではわかりあえなくても、別の方法を模索するうちに表現力も磨かれるでしょう。

人と話すことを恥ずかしがらない

会議や商談など、ビジネスで表現力が必要な場面は少なくありません。しかし人前で話すことに苦手意識を感じていたら、せっかく表現力を高めても無駄になってしまいます。

まずは人と話すことや人前で発表することを恐れない気持ちが重要です。

どうしても緊張してしまってうまく話せない人は、場数を踏んでいくうちに慣れていくので根気強く取り組みましょう。

表現力を磨いて仕事で活躍しよう

表現力は仕事をするうえで基礎的なスキルです。表現力がなければ、人間関係や売上などにも大きな影響を与えかねません。

表現力は日ごろの努力で身につくものです。今回紹介した方法は簡単に取り入れられるものばかりなので、ぜひ参考にして表現力を磨きましょう。

立ち上げから1年で月間10万PV達成! ゼロからのオウンドメディア運営マニュアルを公開中

「オウンドメディアを立ち上げようとしているけど、具体的に進め方がわからない」
「メディアを立ち上げたは良いものの、コンテンツを作っても中々アクセス数が伸びない」

という悩みを抱えているメディア運営者の方は多いでしょう。

下記のページでは、元々WEBに強くなかったロースターがこのオウンドメディア「EDiT.」の運用開始から1年で月間10万PVを達成するまでに実行した施策を紹介しています。

ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる