JPEGを圧縮するには?おすすめのJPEG圧縮サイト5選

The following two tabs change content below.

EDiT.編集部

株式会社ロースターによるオウンドメディア「EDiT」編集部。「EDiT」では、編集やビジネスに関する情報を発信しています。

ウェブサイトでよく使われるのがJPEG形式の画像。

写真やイラストなど様々なイメージ素材の多くがJPEG形式のデータです。

しかし、JPEGデータが重いと表示速度が遅くなったり、サイト全体の動きが遅くなってしまったり、メールに添付できない時もあります。

そんな時に使えるのが、ウェブサイト上で簡単に JPEG データを軽量化できるJPEG圧縮サイト。

どのサイトを使えばいいのか迷っているあなたに、今回は実際に5つのPDF圧縮サイトを試して、それぞれの圧縮率やその特徴についてまとめました。

目次

5つのおすすめPDF圧縮サイトを試してみた!

①画像サイズの変更や切り抜きなど、マルチに対応!「I♡IMG」

「I♡IMG」へのアクセスはこちらから

圧縮率:518B→106KB
手軽さ:◎…ファイルをドロップエリアにドラッグするだけ。自動でダウンロードされる。
出力ファイル名:変更なし
無料範囲:無制限
特徴:JPEG以外にも、PNG・GIFデータも対応可能。また、画像サイズ変更や切り抜きなども同じサイトで行うことができる。

 

②同時に複数データを圧縮し、まとめてzipでダウンロードできる「TinyJPEG」

「TinyJPEG」へのアクセスはこちらから

圧縮率:518B→118KB
手軽さ:〇…ファイルをドロップエリアにドラッグするだけ。ダウンロードボタンを押す。
出力ファイル名:変化なし
無料範囲:20ファイルまで。
特徴:PNG・JPGデータに対応可能。無料プランでは、ファイルは5MB以内、同時に20ファイルまで圧縮可能。

 

③圧縮レベルがNo.1!「ラッコツールズ」

「ラッコツールズ」へのアクセスはこちらから

圧縮率:518B→59KB(「中」のレベルを選択)
手軽さ:〇…ファイルをドロップエリアにドラッグするだけ。ダウンロードボタンを押す。
出力ファイル名:「Medium_〇〇.jpg」
無料範囲:無制限
特徴:JPEG以外にもPNG・JPGデータに対応可能。圧縮後の画質が低・中・高のほか、0〜1の値の間で選択できる。また、zipデータとしてダウンロードすることも可能。

 

④画質を変えずに圧縮することができる!「WEBSITE PLANET」

「WEBSITE PLANET」へのアクセスはこちらから

圧縮率:518B→107KB(「中」のレベルを選択)
手軽さ:〇…ファイルをドロップエリアにドラッグするだけ。ダウンロードボタンを押す。
出力ファイル名:「〇〇_optimized.jpg」
無料範囲:無制限
特徴:JPG以外にもPNGデータに対応可能。追加設定で、圧縮レベル「高」「中」「低」が選択可能。また、画質にほとんど影響が出ないまま、最大80%圧縮できる。

 

⑤JPEGだけじゃなく様々なデータに対応可能な「Compress JPEG」

「Compress JPEG」へのアクセスはこちらから

圧縮率:518B→150KB
手軽さ:〇…ファイルをドロップエリアにドラッグするだけ。ダウンロードボタンを押す。
出力ファイル名:「〇〇-min.jpg」
無料範囲:無制限
特徴:JPEG以外にも、PNGやGIF、PDF、SVGデータも対応可能。広告が常に表示されている。

 

自分の用途に合ったサイト選びを。

JPEG圧縮サイトと一言で言っても、その特徴はサイトごとに様々。

とにかく圧縮サイズを小さくしたい方、画質を維持したまま圧縮したい方、継続的に圧縮サイトを利用したい方、それぞれに最適なサイト選びをしてみてください。

立ち上げから1年で月間10万PV達成! ゼロからのオウンドメディア運営マニュアルを公開中

「オウンドメディアを立ち上げようとしているけど、具体的に進め方がわからない」
「メディアを立ち上げたは良いものの、コンテンツを作っても中々アクセス数が伸びない」

という悩みを抱えているメディア運営者の方は多いでしょう。

下記のページでは、元々WEBに強くなかったロースターがこのオウンドメディア「EDiT.」の運用開始から1年で月間10万PVを達成するまでに実行した施策を紹介しています。

ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる