Slackの絵文字がカスタマイズできるって知ってた?

TOC

Slackでオリジナルの絵文字が作れるというウワサが!

Slackではアクティビティに反応を示すのに絵文字が使えます。
ワンクリックでコミュニケーションが取れてとっても便利ですが、ときどき「こんな絵文字があればなぁ」と思うことはありませんか?
さまざまなニーズに合わせてカスタムの絵文字を作り、相手に送るメッセージを充実させましょう!

絵文字の入力画面をクリックする

右下のニコニコマークをクリックして絵文字タブを開きます。

左下の「絵文字を追加する」をクリックする

「画像をアップロードする」をクリックしてファイルを選択する

pngファイルをアップロードします。
128KB以下の四角形の画像が適していますが、大きい場合はSlackが自動的にリサイズしてくれます。
画像をアップロード後、名前を選択します。ここで付けた名前が、Slackで絵文字を表示する際に入力する名前です。
入力後「保存」をクリックします。

↑ 既存の絵文字と同じ要領でオリジナルの絵文字を使用することが出来ました!

絵文字のバリエーションが広がり、より円滑なコミュニケーションが可能になります!是非試してみてください。

関連サイト

絵文字ジェネレーターでは、文字を入力するだけで絵文字が生成できます。

参考:Slackヘルプセンター

ゼロから立ち上げた『EDiT.』が、たった4ヶ月で急成長。ロースターのオウンドメディア運営方法を無料で教えます。

無料PDF:ロースター式オウンドメディアのゼロからの立ち上げ方を無料公開。

オウンドメディアを始めようか悩んでいるけど、何から始めればよいのかわからない。始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか?

この資料では、ロースターが実際にどのようにオウンドメディアを立ち上げ、現在どのように運営しているのかをひとつひとつ解説しています。CMSの選び方から、LPの作り方、記事の運営方法まで、ロースター式オウンドメディア運営術をPDFにまとめました。

あなたのメディア立ち上げ・運用に、ぜひご活用ください。

 

Let's share this post!
TOC
閉じる