リッチコンテンツとは? 基礎知識とSEOへの貢献について解説

リッチコンテンツとは、英語で「ぜいたく」や「豊か」を意味するリッチ(Rich)が示すとおり、動画(CG・アニメーション・ビデオ)や音声などを取り入れて表現されたWebサイト上のコンテンツのことです。

通信技術の発達により、容量の大きな動画でもスマートフォン上でスムーズに表示されるようになったことで、動画広告や動画を盛り込んだリッチコンテンツの導入が一気に増えています。

しかしこのリッチコンテンツの内容は、現状ではGoogleにインデックスされません。つまりリッチコンテンツそれ自体はSEOに影響を及ぼさないということです。

では、Webマーケティングにおいてリッチコンテンツはどう扱えばよいのでしょうか。リッチコンテンツのトレンドの移り変わりと、今後の注意点を解説します。

 

TOC

リッチコンテンツにはどんな事例があるの?

リッチコンテンツは、従来のテキストや画像で表現された静的コンテンツよりも、商品やサービスなどの魅力をユーザーが直観的・感覚的に理解しやすいことが特徴といえます。

2019年6月の電通の発表によると、日本の2019年のデジタル広告市場は前年比14.5%の成長が見込まれ、なかでもモバイル広告が前年比21.2%、オンライン動画が前年比29.2%の成長と予測されています1

スマートフォンやタブレット端末などが爆発的に普及し、日常的にWebサイトを閲覧するユーザーが増えたこと、通信技術の発達により容量の大きな動画広告などもスムーズに閲覧が可能になったことで、リッチコンテンツはWebマーケティングにおいて重要度が増しているのです。

 

2000年代はFlash全盛期

2000年代は、マクロメディアが開発(のちにアドビシステムズが買収)したFlash規格によるアニメーションやインタラクティブコンテンツが企業のトップページを飾っていました。しかしデザイン性重視で内容の乏しいFlashコンテンツも多く、通信回線によっては「サイト表示の重さ」に繋がり、良質なユーザー体験とは言えない場合もありました。

一世を風靡したFlash規格ですが、Adobeは2017年7月の発表でFlashのサポートを2020年に終了することを明らかにしました。

Googleも2019年10月28日(米現地時間)ウェブマスター向け公式ブログにて「さようなら、Flash」と題し、2019年中にGoogle検索からFlashコンテンツを除外することを発表しました。

Google 検索では、今年中に Flash のサポートを終了する予定です。ウェブページに Flash コンテンツが含まれている場合、Google 検索では Flash コンテンツが無視されることになります。単独の SWF ファイルは、Google 検索でインデックス登録されなくなります。

出典:Google ウェブマスター向け公式ブログ

 

2010年以降はYouTubeやTikTok

2010年以降は、Webサイト上に動画を埋め込んで表示させるリッチコンテンツが増加しました。背景には通信技術の発達によりモバイル通信の速度が向上したこと、スマートフォンで動画を閲覧するユーザーが増えたことが挙げられます。

YouTubeやTikTokなどの動画コンテンツは、TVCMのような「広告」として使用したり、解説動画やプレゼンテーションなど文章で説明すると複雑・分かりにくい内容を動画で表現したりという使われ方をしています

例えば、料理レシピアプリで作り方を動画主体で説明する、不動産の現地紹介記事にドローンによる空撮映像を盛り込むというように、デザイン重視だったFlashよりもユーザー重視のコンテンツが増えています。

 

日本では漫画もリッチコンテンツ

リッチコンテンツ分野の日本ならではの特徴として、マンガの活用が挙げられます。

マンガは画像ですが、その中でストーリーが展開しているため動画に近いリッチコンテンツといえます。さらに動画再生を制限しているユーザーにも、マンガ(画像)でストーリーを届けられるというメリットがあります。

マンガは見ただけで内容を把握できるためSNSでもシェアされやすく、マーケティングにおいても注目されています。企業によるPRマンガは今後発展していく可能性が高いでしょう。

 

リッチコンテンツのメリット

リッチコンテンツは、文字や画像など静的なコンテンツだけでは表現しきれない内容を、動画などを利用することでユーザーにより分かりやすく表現できるというメリットがあります。

  • 複雑な仕組みや制度の説明を理解されやすくなる
  • 映像でサービスの利用イメージを掴んでもらいやすい
  • 他商品との比較や差別化ポイントなどを動的にPRできる
  • ブランドイメージの向上につながるコンテンツを作成できる
  • WEBサイトへの滞在時間を伸ばすことができる

 

リッチコンテンツのデメリット

リッチコンテンツは広告主や制作側の自己満足に偏らないよう、ユーザー目線のコンテンツ作りが必須です。

  • 見栄え・イメージ重視の音や動画は、ユーザーのアクセシビリティを低下させる
  • コンテンツのダウンロード時間が長いと、ユーザーにストレスを与え離脱につながる
  • モバイル検索において表示速度を重視するGoogleの検索結果に不利になる

デザイン重視で内容の伴わないFlashコンテンツでも持て囃されていた時代とは異なり、ユーザーのメディアリテラシーは格段に向上しています。

例えば、冒頭の動画を数秒以上視聴しないとメインコンテンツを閲覧できないタイプの広告などは、広告自体がユーザーに不快な体験となってしまう可能性を考慮する必要があります

 

マーケティングにおけるリッチコンテンツの重要性

リッチコンテンツは、Googleなど検索エンジンのインデックスに直接効果はありません。Webページに動画を埋め込んだだけではSEOに貢献しないのです。

ですがコンテンツの視聴によりWebサイトへの滞在時間を伸ばし、コンテンツの内容からユーザーの満足度が高まることで、結果としてアクセス数の増加につながります。この点においてリッチコンテンツはマーケティングに効果的といえるのです。

通信技術の向上で、リッチコンテンツは今後も増加することは確実です。TVCMに比べて制作・放映コストが格段に安く済む、そしてエンゲージメント率などの数字もきちんと追えるという点で、Webのリッチコンテンツは今後ますます活発に利用されるでしょう。

ただし、すべてにおいてリッチコンテンツが勝るというわけではありません。文章や画像を使えば、より深く詳細な情報をPRすることもできるのです。

例えば「ライブ会場からの生配信」と「使用機材まで網羅したライブレポート」のような違いです。どのようなユーザー体験を与えたいかによって、選択できるコンテンツの幅が広まったと考えるべきでしょう。

  1. 参考:世界の広告費成長率予測|電通

ゼロから立ち上げた『EDiT.』が、たった4ヶ月で急成長。ロースターのオウンドメディア運営方法を無料で教えます。

無料PDF:ロースター式オウンドメディアのゼロからの立ち上げ方を無料公開。

オウンドメディアを始めようか悩んでいるけど、何から始めればよいのかわからない。始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか?

この資料では、ロースターが実際にどのようにオウンドメディアを立ち上げ、現在どのように運営しているのかをひとつひとつ解説しています。CMSの選び方から、LPの作り方、記事の運営方法まで、ロースター式オウンドメディア運営術をPDFにまとめました。

あなたのメディア立ち上げ・運用に、ぜひご活用ください。

 

TOC
閉じる