MEOとは?実店舗への集客に効果的な地図エンジン最適化のポイント

皆さんはSEO対策に加えて、MEO対策をどれくらい推進していますか?

「MEO(Map Engine Optimization:マップエンジン最適化)」という言葉は、あまり聞き慣れないと感じている一方で、SEOとの類似性から気になっている人も少なくないことでしょう。

じつは今、このMEOが非常に重要性を増してきています。

本記事ではMEOとは何か、どのような理由で重要になってきたのかという基礎知識に加えて、MEO対策を行う際の基本的なポイントをご紹介します。

TOC

MEO(Map Engine Optimization)とは?

「MEO」とはMap Engine Optimizationの略であり、日本語では「地図エンジン(マップエンジン)最適化」を意味します

おもにGoogleマップを対象とした最適化であり、「ローカルSEO」と呼ばれることもあります

Googleには「Googleマイビジネス」という無料のサービスがあり、店舗やビジネスの情報をGoogleマイビジネスに登録することで、Google検索やGoogleマップにこれらの情報を表示することができます。

MEOは、このGoogleマイビジネスの情報などを最適化することで、表示順位を改善したり、マップ経由の来店を促進する取り組みなのです。

広告やSEO、ポータルサイトの利用などに比べてコストパフォーマンスが高いとも言われ、リアル店舗を持つ地域密着型のビジネスには不可欠だと言われています。

実店舗への集客に高い効果を発揮

MEOがとくに有効なのが、飲食店や小売店、医院などの実店舗で営業されるビジネス。

これらのビジネスジャンルにおいては、ユーザーが実際に店舗へと足を運ぶ必要があるため、いかに商圏エリア内のユーザーを集客できるかが売上に直結します。

そして、昨今のユーザーの大半は、自分が求めるお店があるかどうかをGoogleなどで検索し、アクセス方法や営業時間、電話番号などもそこで調べます。

さらに、近隣の対象店舗がマッピングされた地図も表示され、その地図にしたがって来店するユーザーもたくさんいます。

このように、ユーザーにはそのエリアで何かをしたいという目的が明確なので、適切な情報が提供されていれば非常に高い集客効果を発揮することが期待できるわけです。

MEOとSEOの違い

名前からわかるとおり、MEOにはSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)と似通ったところがあります。

検索エンジンに対する最適化や、その結果として上位表示を目指すといった点は、どちらにも共通しています。

一方で、SEOは自分のWebコンテンツを対象に、MEOはGoogleマイビジネスの情報などを対象に行うといった違いがあります。

また、検索結果の表示形態や場所にも違いがあります。

さらに、SEOでは日本中どころか世界中の同業と競合しますが、MEOでの競合相手はあくまで同エリアの実店舗のみ。そのため、店舗の営業形態や評判など、純粋に商売の実力で競争しやすいのも特徴です。

MEOを実施すべき3つの理由

スマホの普及による「場所」の重要性向上

MEOの必要性が高まってきた理由のひとつが、スマホの普及です。

スマホを持つことにより、街中をはじめとして、ユーザーはいつでもどこでもお店の情報を調べられるようになりました。

さらに、電話で問い合せをしたり、GPSにより店舗までのルート案内をすることもできます。

ユーザーの来店までのプロセスがスマホを活用する(または依存する)ように変化しているため、これまで以上に「実際の場所」と紐付けられたローカル検索が重要になっているのです。

ベニスアップデートで地域名の指定も不要に

また、2015年から導入されたGoogleの「ベニスアップデート」では、ユーザーの現在位置情報に応じて検索結果がパーソナライズされるようになりました

飲食店や小売店などの地域密着性が高い対象を検索した場合、わざわざ地名や地域名を入力しなくても、位置情報に応じて自動的に現在地周辺の情報を返してくれるのです。

これもまた、MEOの必要性に拍車をかけていると言えるでしょう。

ユーザーの利便性とアクションに直結する

MEOでは、最適化の対象として店舗の電話番号や住所、営業時間などをしっかりと登録します。

そして、これらの情報はユーザーの利便性を高めることにつながります。

たとえば、スマホで検索した結果に電話番号があれば、ユーザーはその番号をタップするだけで予約や問い合わせの電話をかけることができます。

あるいは、住所が登録されていれば、Googleマップのルート案内を利用して来店をナビゲートすることも可能。

このようにMEOの結果が、実際のユーザーのアクションにも直結しやすいのです。

こうしたアクションは、何も初めてのユーザーに限ったものではありません。

既存客であっても、検索から営業時間や診療時間を確認したり、予約電話することが多いため、利便性のためにはけっして無視できない要素でしょう。

ローカル検索結果の目立ちやすさ

検索結果のうち、近隣の店舗などに関する情報はローカル検索結果と呼ばれ、SEOの対象となる自然検索結果よりも上の位置に表示されます。

これは、ユーザーの利便性をGoogleが考慮した配置と考えられますが、注目すべきはローカル検索結果の視認性の高さ。

地図とあわせて上位に表示されるので非常に目立ちやすく、ユーザーへの訴求力はSEO以上に高いと言えるでしょう。

ローカル検索で順位が決まる仕組み

では、MEOの対象となるローカル検索では、どのような仕組みで順位が決まっているのでしょうか。
自然検索結果との違いを理解することで、MEOでやるべきことが見えてきます。

検索キーワードとの関連性

当然ながら、ユーザーが検索に用いたキーワードと関連性が高いほど上位に表示されやすくなります。

たとえばパスタ専門店であれば、「レストラン」「イタリアン」「パスタ」などの異なるキーワードでの検索に対して、その関連性によって表示順位が変わってきます。

地域名キーワードやユーザーの検索場所からの距離

これはローカル検索ならではの特徴であり、地名キーワードや検索場所からの距離も順位決定要素のひとつになっています。

あえて地名をキーワードの指定した場合はそのエリア、スマホ等でとくに指定せず検索した場合は近隣エリアが検索対象になり、基本的には近いほど順位が高くなる傾向にあります。

ただし、距離だけで順位が決まるわけではなく、その他の情報がしっかり登録されているかや、後述のクチコミなども評価に影響すると考えられています。

Googleマイビジネスに投稿されたクチコミ・レビューの数や内容

Googleマイビジネスに登録すると、利用ユーザーによるクチコミ・レビューが投稿できるようになります。

ユーザーはクチコミ・レビューを書くだけでなく、自分で撮影した写真やスコア(☆5段階)を投稿し、その結果を他のユーザーが参考にできるわけです。

このクチコミ・レビューの数や内容が良かったり、スコアが高いほど、ローカル検索結果で上位表示されやすくなります。

ブログやSNSなど、Web上における知名度

ブログやSNSなどでのサイテーション(引用・言及)が多いほど、Web上における知名度が高いと判断され、ローカル検索における評価の対象となります。

そのため、MEOは単に情報を登録して終わりというわけではありません。

SNSなどを活用したユーザーとのコミュニケーションやファン獲得なども、広義のMEO対策に含まれるのです。

MEO対策のポイント

Googleマイビジネスの登録

MEO対策の実施にあたっては、まず「Googleマイビジネス」への登録が必要であり、これが何よりの基本になります。

Googleマイビジネスには無料で登録できるので、店舗をお持ちの方は基本情報を登録するようにしましょう。

すでにGoogleが登録をしている場合もあり、その場合はオーナー確認作業を行うことになります。

正確なNAPがユーザーの来店につながる

Googleマイビジネスへの情報登録においてとくに注意したいのが、正確なNAPを登録するという点です。

NAPとはName(店舗名)、Address(住所)、Phone(電話番号)のこと。

これらの情報が正確でないと、そもそもユーザーが問い合わせをしたり、地図を経由して来店することができなくなってしまいます。

もちろん、NAPはあくまで最低限の情報です。

ユーザーの来店を後押しするならば、正確な事業内容や営業時間、定休日、WebサイトのURL、さらに店舗の外観・内観の写真なども登録するようにしましょう。

ユーザーから高く評価される商売を心がける

先述したとおり、ローカル検索ではクチコミ・レビューの数や内容も順位に影響します。ときにはクチコミでネガティブな感想をもらい、へこんでしまうこともあるでしょう。

だからと言って、クチコミ情報を意図的にコントロールすることはできないし、そもそもGoogleマイビジネスにおけるステマは禁止事項であり絶対にやってはいけません。

ユーザーから良いクチコミ・レビューをもらい、良好な関係を築くためには、誠実にレビューに返信することが効果的です。

しかしそれ以上に大切なのは、そもそもユーザーから高く評価されるような商売を心がけること。ユーザーを集めることよりも、「ユーザーが満足しているかどうか」が反映されやすいのがローカル検索であり、MEOなのです。

そういった意味でも、MEOはSEOに比べて、ビジネスの実力で競争しやすい仕組みと言えるでしょう。

ゼロから立ち上げた『EDiT.』が、たった4ヶ月で急成長。ロースターのオウンドメディア運営方法を無料で教えます。

無料PDF:ロースター式オウンドメディアのゼロからの立ち上げ方を無料公開。

オウンドメディアを始めようか悩んでいるけど、何から始めればよいのかわからない。始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか?

この資料では、ロースターが実際にどのようにオウンドメディアを立ち上げ、現在どのように運営しているのかをひとつひとつ解説しています。CMSの選び方から、LPの作り方、記事の運営方法まで、ロースター式オウンドメディア運営術をPDFにまとめました。

あなたのメディア立ち上げ・運用に、ぜひご活用ください。

 

Let's share this post!
TOC
閉じる