今読むべき、人気のカルチャー系ウェブマガジン【おすすめ7選】

TOC

いつでもどこでも気軽に読める、ウェブマガジンが魅力的。

最新の情報をいつ、どこにいてもチェックできる手軽さが魅力のウェブマガジン。紙媒体のWEB移行が増え続ける昨今、数多く存在するキュレーションサイトとは一味も二味も違うウェブマガジンが増えています。政治や社会問題について切り込んだ記事から、女性のリアルな気持ちを綴ったエッセイまで、まだまだマスメディアでは読むことができないトピックスを取り上げているのも、ウェブマガジンの面白さの1つです。そこで今回は、20〜30代におすすめしたい今人気のカルチャー系ウェブマガジンを7つピックアップしました。

 

 

①人気メンズウェブマガジン が女性版をスタート『GIRL HOUYHNHNM』

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GIRLHOUYHNHNM/ガールフイナムさん(@girlhouyhnhnm)がシェアした投稿 -

 

メンズファッション&カルチャーを紹介するウェブマガジン として2004年にローンチした『HOUYHNHNM』。その女性版としてローンチされた『GIRL HOUYHNHNM』は、シンディ・ローパーのヒット曲“Girls Just Want to Have Fun”がコンセプトです。国内外のファッションからビューティ、カルチャーまでを日本語と英語のバイリンガルで紹介します。

 

Instagram:@girlhouyhnhnm

Twitter:@GirlHouyhnhnm

 

②Be inspired!がパワーアップして生まれ変わった!『NEUT Magazine』

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NEUT Magazine | #neutmagazineさん(@neutmagazine)がシェアした投稿 -

 

クリエイターやアーティストのインタビュー記事で知られるウェブマガジン 『Be inspired!』が、リニューアル。『NEUT Magazine』として再スタートを遂げました。モットーは“Make Extreme Neutral”。今尚マスメディアではタブーとされるエクストリームな人や物事にあえてフォーカスし、それらをニュートラルな視線で見てみようというコンセプトが斬新です。パワフルな記事はどれも考えさせられるものばかり。

 

Instagram:@neutmagazine

Twitter:@neutmagazine

 

③ミレニアル世代の姉妹が運営。『HEY SISTER』

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HEY SISTERさん(@heysisterjp)がシェアした投稿 -

 

『HEY SISTER』はファッション、ビューティー、カルチャー、トラベルなど最新のトレンド情報を幅広く網羅するウェブマガジンです。ミレニアル世代の姉妹によって設立・運営されており、等身大のコンテンツが同世代の女性を中心とする読者から高い支持を集めています。「わたしの1日」「シンガポール通信」といった連載企画のほか、個性豊かなゲストライターが書くリアルな体験談も要チェックです。

 

Instagram:@heysisterjp

Twitter:@heysisterjp

 

 

④CINRA発“女性のため”をとことん追求。『She is』

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

She isさん(@sheis_jp)がシェアした投稿 -

 

みなさんご存知のカルチャーニュースサイト『CINRA』から、“自分らしく生きる女性を祝福する”をテーマに新しいウェブメディア『She is』が誕生しました。毎月のギフトサービス、メンバーだけが読める限定記事、イベントの優待やミーティングの参加など、『She is』のコンテンツをより一層楽しめる会員制度も充実。実際に読者が参加してコミュニティを作り上げていくという感覚が楽しいです。

 

Instagram:@sheis_jp

Twitter:@sheis_jp

 

 

⑤若者のリアルな声を世界中から届ける!『honeyhands』

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

honeyhands | honeyhandsmag.comさん(@honeyhandsmag)がシェアした投稿 -

 

カナダと日本を行き来し、フリーランスでマルチに活動するHikariさんが編集長を勤められている『honeyhands』。そのため、全ての記事は英語と日本語で書かれています。日本のメディアではまだまだ語られる機会が少ないトピックスを、オリジナルのアートと一緒に読むことができます。WWDのフェミニストイシューにも掲載されるなど、今注目のウェブマガジン 。バックグラウンドも様々な世界中のライターから届くストーリーもユニークです。

 

Instagram:@honeyhandsmag

Twitter:@honeyhandsmag

 

 

⑥1924年創刊、クロスメディア化でリニューアル。『花椿』

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

花椿さん(@hanatsubakimag)がシェアした投稿 -

 

創刊以来続いた月刊誌を終了し、2016年からは紙とWEBのクロスメディアとして再出発を遂げた『花椿』。ビューティーに関する記事ならまずはここをチェックするという方も多いのではないでしょうか?美容やメイクの情報はもちろんですが、インタビューやコラムも満載です。誌面と合わせてチェックすれば、より一層花椿の世界に浸ることができます。

 

Instagram:@hanatsubakimag

Twitter:@hanatsubakimag

 

 

⑦女性クリエイターの目線で書かれた記事が話題!『箱庭』

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

haconiwa / 箱庭さん(@haconiwa_mag)がシェアした投稿 -

 

2011年にスタートし、今年設立8年目を迎える『haconiwa』は女性クリエイターが作るメディアのパイオニア的存在です。そんなウェブマガジン がロゴも新たにリニューアル。記事のライティングや撮影に関する専門的な知識を学ぶことができるのは、クリエイティブのプロが運営するメディアならでは。他にもデザイナーが選ぶおすすめのフォントやデザインツール、週末行きたいイベントなどの役立つ情報が盛りだくさん!メディア関連のお仕事をされている人はもちろん、そうでない人も必見です。

 

Instagram:@haconiwa_mag

Twitter:@haconiwa_mag

 

 

ウェブマガジンが紙の雑誌と最も異なることと言えば、新しいモノ・コトが日々スピード感を持って発信されている点ではないでしょうか。最新の情報をキャッチアップする、インタビューやコラムをじっくり読む、ウェブマガジンには読者のライフスタイルにフィットする様々な楽しみ方があり、毎日チェックをしても飽きることがありません。特に今回ご紹介したサイトには、それぞれ明確なコンセプトがあり、個性豊かでオススメです。みなさん、ぜひご覧ください!

 

ゼロから立ち上げた『EDiT.』が、たった4ヶ月で急成長。ロースターのオウンドメディア運営方法を無料で教えます。

無料PDF:ロースター式オウンドメディアのゼロからの立ち上げ方を無料公開。

オウンドメディアを始めようか悩んでいるけど、何から始めればよいのかわからない。始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか?

この資料では、ロースターが実際にどのようにオウンドメディアを立ち上げ、現在どのように運営しているのかをひとつひとつ解説しています。CMSの選び方から、LPの作り方、記事の運営方法まで、ロースター式オウンドメディア運営術をPDFにまとめました。

あなたのメディア立ち上げ・運用に、ぜひご活用ください。

 

Let's share this post!
TOC
閉じる