【2020年最新版】 検索数の調べ方|おすすめのSEO分析ツール3選

The following two tabs change content below.

キーワードの検索数(検索ボリューム)を調べる方法をご存知ですか?

キーワードの検索数を調べておくことは、コンテンツ制作において重要な作業です。

この記事ではこの“検索数”を調べるのに、おすすめのSEO分析ツールをご紹介します。

目次

検索数とは?

検索数とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されている回数のこと。
そのキーワードの市場規模やニーズを確認することができます。

検索数の多いキーワードはそれだけ需要が多いということですが、そのようなキーワードは競合も多いので、上位表示することが難しいです。
逆に需要が少なすぎても、自然検索流入を見込めない可能性があります。

SEO分析ツールはこの3つを使うべき!

Google サーチコンソール

Google サーチコンソールは、GoogleアナリティクスなどGoogleが提供する他のサービスやツールと簡単に連携できるのが魅力です。また、内部診断やキーワードのアクセス状況などを総合的に確認でます。

 

キーワードファインダー

毎日自動取得する新しいキーワード、勝ち組キーワード、お宝キーワードなどジャンル別に確認しながら、効果的なキーワード選定に活かすことができます。

Ubersuggest

Ubersuggestはサジェストデータと検索数を同時に取得でき、かつ無料という非常に強力なツールです。

まとめ

SEO対策は多くの方法があり、自力で対策を行うのは難しいです。
この記事では、SEOを考慮したキーワード選定支援ツールや、SEO内部対策ツール、被リンク調査ツールなど多くを紹介しました。
紹介したツールは全て無料なので、積極的に利用して、効率よくSEO対策をしていきましょう。

立ち上げから1年で月間10万PV達成! ゼロからのオウンドメディア運営マニュアルを公開中

「オウンドメディアを立ち上げようとしているけど、具体的に進め方がわからない」
「メディアを立ち上げたは良いものの、コンテンツを作っても中々アクセス数が伸びない」

という悩みを抱えているメディア運営者の方は多いでしょう。

下記のページでは、元々WEBに強くなかったロースターがこのオウンドメディア「EDiT.」の運用開始から1年で月間10万PVを達成するまでに実行した施策を紹介しています。

ぜひご覧ください。

読んでいただきありがとうございます。シェア大歓迎です。
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる