【必見】SEOライティングにおける2つの鉄則と10のコツ

「せっかく記事を書いたのにPV数が伸びない」
「なかなか検索順位が上がらない」

このような課題を持っている人は、SEOライティングができていないことが原因かもしれません。
SEOライティングとはSEOを意識したライティング手法です。

本記事ではSEOライティングの必要性をふまえ、SEOライティングを実行するために知っておきたい鉄則とコツを紹介します。
ぜひ参考にして、SEOに強いライティングを身につけてください。

TOC

SEOライティングとは

SEOライティングとは、検索エンジンの検索結果で上位表示される記事を書くライティング手法です。検索エンジンに上位表示されるための施策を「SEO」と言い、このSEOを意識した記事執筆テクニックをSEOライティングと言います。

せっかく書いた記事を多くのユーザーに読んでもらうためには、Googleなどの検索エンジンで上位表示される必要があります。
しかし上位になるためには、検索エンジンに評価される記事を書かなければいけません。そのためにSEOライティングが必要なのです。

SEOライティングは、一般的には以下のプロセスで進めます。

1.キーワードを選定する
2.共起語や関連語を分析する
3.ユーザーのニーズを分析する
4.記事の構成を組み立てる
5.ユーザーのニーズを網羅した記事を執筆する
6.校正・編集をする

SEOライティングのコツは、キーワードや関連する言葉からユーザーが求めている情報を分析し、記事の内容に落とし込むことです。検索エンジンがユーザーにとっての利便性を重視しているため、SEOライティングにおいてユーザーのニーズを網羅することは非常に重要になっています。

そもそも「SEO」とは

ここで、改めてSEOについておさらいしましょう。
SEO=Search Engine Optimizationとは日本語で「検索エンジン最適化」と言い、検索エンジンにおいて上位の検索順位で表示されるための施策を指します。

Googleなどの検索エンジンはWEBコンテンツの検索順位を決定するときに、品質の高さを評価基準としています。この評価基準は公開されていませんが、200以上の項目があると言われています。

簡潔に言うと「ユーザーにとって有益な情報かどうか」「内部構造が整備されているか」「外部サイトから評価されているか」などの項目によって評価されています。

これらの評価基準を満たすために、検索エンジンの特性を理解して施策を行うことをSEOと言います。

Googleに評価されるための2つの鉄則

検索エンジンではGoogleが最も多く利用されています。またYahoo!はGoogleの検索エンジン技術を採用しているのです。

つまりSEOライティングに取り組むときには、Googleの特性や仕組みを理解しましょう。
それではGoogleに高く評価されるためにはどのようなポイントを押さえたら良いのでしょうか。まずはGoogleが重視している2つの鉄則について知りましょう。

ユーザーファーストを意識する

Googleは「ユーザーファースト」を掲げています。「Googleが掲げる10の事実」でも以下のように明言されています。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

(引用元:Google が掲げる 10 の事実)

つまりGoogleで記事を高く評価されるためには、ユーザーの利便性を追究したユーザーファーストのライティングが必須。

ユーザー視点で「ユーザーはどんな情報を求めているのか」「ユーザーが読みやすいのはどんな記事なのか」などを分析することで、ユーザーファーストの記事が実現します。

クローラビリティを高める

Googleに評価されるためにはクローラビリティも考慮しなければいけません。

クローラビリティとは「クロールのしやすさ」のこと。それでは「クロール」とは何なのでしょうか。

Googleはロボットプログラム・GooglebotをWEBページに巡回させて情報を収集しています。

このロボットを「クローラー」と言い、クローラーが巡回して情報収集することを「クロール」と言います。クロールした情報をGoogleのデータベースに登録することは「インデックス」と言います。

クローラーが自社の記事の内容を正確に収集してくれなければ、うまくインデックスされずに評価されなくなるのです。

そして、クローラーが巡回しやすいようにWEBサイトやページを整えることを「クローラビリティ」と言います。

クローラビリティを高めるための施策は、サイトマップを作成したり内部構造を最適化したりするなど多岐にわたります。
Googleサーチコンソールでクロールが巡回するようリクエストを送信する(URL検査)ことも忘れないようにしましょう。

SEOライティングのコツ10選

「SEOを意識して記事を書きなさい」と言われても、あまりピンとこないかもしれません。
SEOライティングにはいくつかのコツがあるので、ここでは10個のコツを厳選して紹介します。

検索クエリからニーズを読み解く

SEOライティングではユーザーが求めている情報の網羅性は必須条件です。
ユーザーが検索した意図を読み取ってどのような情報を求めているかを把握するには、検索クエリを分析しましょう。

検索クエリとは、ユーザーが検索窓に入力した語句のことです。たとえば「東京駅 ホテル」という検索クエリでは、そのユーザーは東京駅周辺で宿泊できるホテルを探していると分析できます。また「東京駅 安いホテル」であれば、そのユーザーは東京駅周辺で安く泊まれるホテルを探していると分かります。

このように、検索クエリはユーザーが検索した背景や意図を読み解くために有効なものです。そのためSEOライティングでの検索クエリの分析は、ユーザーニーズを把握するために重要なステップと言えます。

キーワードだけでなく共起語・関連語も使う

SEOライティングでは検索順位で上位を取りたいキーワードに意識がいきがちです。キーワードを記事内にまんべんなく盛り込むことはもちろん大切なのですが、共起語や関連語も使用しましょう。

検索エンジンは日々性能が向上しており、キーワードだけでなく記事内で一緒に使われている語句も検知して記事の内容を読み解けるようになっています。

つまりキーワードと一緒に使われている言葉が適切でなければ、検索エンジンに正しく内容を読み取ってもらえません。
そのためにも共起語や関連語を調査し、記事内でまんべんなく使用する必要があるのです。

E-A-Tを高める

Googleは記事を評価するときにE-A-Tを重視しています。このことは「検索品質ガイドライン」でも明記されています。
E-A-Tとは以下の3つの項目を指します。

Expertise:専門性
Authoritativeness:権威性
Trustworthiness:信頼性

SEOライティングの際にも、これらE-A-Tを満たすような内容を意識することでSEO効果を高められるでしょう。

オリジナリティ(独自性)も重視する

E-A-Tに加えて意識したいのがオリジナリティです。Googleでも、以下のように発表しているほどオリジナル記事は高く評価されます。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

自社独自の情報や分析などを盛り込み、記事のオリジナリティを高めましょう。

ユーザーの知りたい情報を網羅する

SEOライティングでは、ユーザーが求めている情報を網羅して利便性を高めなければいけません。

たとえば「牛丼の作り方」と検索しているユーザーにとって「牛丼とは」「牛丼発祥の地について」といった情報は必要なく、「牛丼に必要な材料」「おいしくなるコツ」などの情報を検索者は求めています。このように検索するユーザーが求めている情報を見極めて、記事を書く必要があるのです。

読みやすい構成で作成する

SEOライティングでは読みやすさも重要です。ユーザーを引き込むストーリー展開で書けば、ユーザーの関心を高めて離脱されない記事になります。
SEOライティングをする際にはすぐに執筆に入るのではなく、自然な流れになるような構成を考えてから執筆しましょう。

タイトルやディスクリプションにもキーワードを含める

クローラーは、タイトルやディスクリプションからも記事の内容を読み解きます。そのため、タイトルやディスクリプションにキーワードが含まれていなければ、記事の内容を正しく判断してもらえません。

タイトルやディスクリプションにもキーワードを含めて、正確にクロールしてもらいましょう。
またタイトルやディスクリプションにキーワードが含まれていると、ユーザーも記事の内容をイメージしやすくなりクリックにつながりやすくなります。

タイトルと本文の内容が一致するようにする

記事のタイトルと本文の内容が一致していないと、クローラーは「この記事は正しい内容が書かれていない」と判断してしまいます。
たとえば「おいしい牛丼の作り方」というタイトルなのに、記事の中には牛丼の作り方のほかに親子丼や天丼のレシピが書かれていれば、タイトルと内容が不一致していることになります。

クローラビリティが低下するだけでなく、ユーザーも「この記事は不要な情報が書かれている」と思ってしまい利便性が低下してしまうでしょう。

htmlタグを使用する

適切にhtmlタグを使用して、読みやすい記事にしましょう。htmlタグには、文字の装飾、表や画像の挿入、見出しの設定などさまざまな種類があります。

最適なhtmlタグを使って記事を最適化することでユーザビリティも高まりますし、クローラーも正しく認識できるようになります。
WordpressなどのCMSでは簡単にタグを追加できるよう作られているので、SEOライティングを始める際にはCMSの導入も検討しましょう。

コピペチェックを行う

Googleは、他の記事と同じような記事をコピーコンテンツや重複コンテンツと判断してしまう可能性があり、ペナルティを受けかねません。検索順位にも影響してしまうため、そのようなリスクを避けるためにも記事が完成したらコピペチェックをしましょう。

コピペチェックにはツールを使うと効率的です。インターネット上には無料で使えるコピペチェックツールがあるので、ぜひ活用しましょう。

無料&無制限で使えるコピーコンテ...
無料&無制限で使えるコピーコンテンツチェックツール
無料&無制限で使えるコピーコンテンツチェックツール無料&無制限で使えるコピペチェックツールです。表記ゆれなども検知することができます。

SEOライティングでは公開後のブラッシュアップがポイント!

SEOライティングでは記事を書いて終わりではなく、公開してからの効果を測定してリライトする取り組みも重要です。ブラッシュアップを続けて記事の価値を高めましょう。

ここでは、ブラッシュアップの方法について解説します。

公開したら効果測定を行う

記事を公開したら、一定のタイミングで検索順位やPV数などの効果測定を行います。

効果測定にはSEOツールを活用しましょう。Googleが提供しているGoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスは多機能なのに無料で使えるため便利です。
ほかにも無料・有料問わずにさまざまなSEOツールがあります。自社が分析したい内容に最適なツールを活用し、効果測定を効率化しましょう。

あわせて読みたい
初心者にもおすすめ!施策ジャンル別・無料で使えるSEO分析ツール11選
初心者にもおすすめ!施策ジャンル別・無料で使えるSEO分析ツール11選SEOで行うべき施策は多岐にわたり、初心者にとってはどこから手を付けるべきか、どこまでやるべきかの判断が難しいという問題があります。今回は、Googleの姿勢や考え方...

定期的に記事の内容を読み返しす

記事の内容は定期的に読み返し、情報が古くなったり変わったりしている場合はその都度修正しましょう。
不正確な情報は記事の品質を下げてしまいます。そのため定期的なチェックと修正により品質を保つことが重要です。

競合調査をもとにリライトを行う

記事をリライトする際には、同じキーワードの上位記事を調査し、自社の記事に足りない情報や共起語などを追加していきます。
上位に表示されている記事ほどSEOライティングに成功しているということなので、競合記事の調査は欠かさずに行いましょう。

SEOライティングで集客に強い記事を書こう

SEOライティングに成功すれば、検索順位が向上し多くの集客につながります。
SEOライティングではユーザーと検索エンジン、どちらにも評価される記事執筆が重要です。いくら記事の内容が素晴らしくても、正しくクロールしてもらえなければ意味がありません。

逆に、正しくクロールできても記事の内容がユーザーにとって有益でなければ、ユーザーに読んでもらえません。
今回紹介した鉄則とコツを意識して、検索エンジンとユーザーに評価される記事を書き集客を増やしましょう。

【無料Webサイト診断実施中】

現在運営しているWebサイトでのSEOやマーケティング戦略でお悩みの方に、無料のサイト診断を実施中です。

  • SEO対策や広告戦略で思うように成果が上がらない
  • これからコンテンツマーケティングを実施したいけど、何をすれば良いかわからない
  • 検索順位が思うように上がらない or 急激に下がってしまった

といった方のお悩みを、Webマーケティングに精通したスタッフが無料で診断し、アドバイスします。

無料診断は下記LINE公式アカウントからお申し込みください。

※申し込み状況によっては、無料診断の実施が遅くなる、または実施できない可能性があることをご了承ください。

 

Let's share this post!
TOC
閉じる