共起語とは?SEO効果を高める活用方法や調査ツールも紹介

「質の高い記事を作成したい」
「コンテンツからの流入を増やしたい」

このように考えている人は、記事コンテンツに「共起語」を含むことを意識しましょう。

共起語を適切に含めば、情報が網羅された質の高い記事になります。

本記事では、コンテンツ制作に欠かせない共起語について解説します。共起語の重要性や活用方法、さらには共起語を調査するためのツールについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

TOC

共起語とは

共起語とは、あるキーワードと共にコンテンツ内で使われることの多い単語やフレーズを指します。そのキーワードと関連性の高い言葉であることが特徴です。

たとえば「スマホ」というキーワードであれば「機種」「使い方」「乗り換え」などの言葉もコンテンツ内で使われることが多いでしょう。

「親子丼」に関するコンテンツであれば「レシピ」「材料」「卵」「鶏肉」という言葉が頻出します。

コンテンツを制作する際、キーワードのみを意識していると不自然な文章になりやすい傾向にあります。一方、共起語も含むようにすると情報が網羅された自然な文章になります。

たとえば「動画制作」を対策キーワードとしてコンテンツを制作すると仮定し、以下の2つの文章を比べてみましょう。

動画制作の成功事例が増えており、動画制作をしたいと考えている企業も多いのではないだろうか。動画制作は素人では難しいが、動画制作のプロに頼めばクオリティの高い動画制作が可能だ。

写真や文章では伝わりきらない商品の魅力を伝えるために動画制作は有効な手段だ。高品質な動画制作のためには、企画・構成・撮影・編集という一連の手順を押さえることがポイント。初心者で動画制作に不安を感じている人は、動画制作のアプリやソフトを使うと良い。さらに動画制作会社に依頼すると、一貫してサポートしてくれる。

前者は「動画制作」という言葉を意識しすぎて、不自然な文章になっており情報量も少ないことがわかります。

一方の後者は「動画制作」の共起語である「撮影」「手順」「アプリ」「ソフト」「会社」などが使われているので情報量にも厚みがあり、文章も自然です。

このように、共起語は特定のキーワードと関連性の高い言葉なので、共起語もまんべんなく使えば文章内の情報に厚みをもたせて自然な流れにする効果もあります。

「他のキーワード」との違い

Googleで検索しているときに「他のキーワード」として複数のキーワードが表示されているのを見たことがある人が少なくないでしょう。以前は「関連する検索キーワード」として表示されていました。

これはGoogleの検索アルゴリズムで表示されているキーワードです。他のユーザーの検索履歴やトレンドコンテンツなどのさまざまな要因から抽出されています。

共起語はコンテンツ内でキーワードとの関連性が高い言葉ですが、「他のキーワード」は検索エンジン(Google)上でキーワードと関連性が高い言葉と言えるでしょう。

「サジェストワード」との違い

「他のキーワード」に関連した「サジェストキーワード」をご存知の方も多いでしょう。

サジェストキーワードは、検索窓に言葉を入力した際に検索候補として表示される言葉です。

「他のキーワード」と同様に他のユーザーの検索頻度などを指標にしているため、コンテンツ内で頻出する言葉である共起語とは異なるものと認識しましょう。

共起語はSEO効果を高める!

共起語を意識して執筆することで、コンテンツの情報が充実するのは先述の通りです。それでは、なぜ内容を充実させるのが良いのでしょうか。

実は、コンテンツの内容が充実するとSEO効果が高まるのです。

ここでは、共起語とSEO対策の関連性について解説します。

Googleクローラーの仕組み

まずはGoogleのクローラーの仕組みを理解しましょう。

クローラーとは、WEB上にあるコンテンツを巡回して情報を収集するプログラムです。収集した情報をデータベースへ登録して、そこからコンテンツの内容を解析します。

しかしクローラーはあくまでもロボット。人間のように文章のニュアンスや表現を読み取って、どのようなことが書かれているかを細かく理解できません。

そのためキーワードの含有量だけでなく、キーワード周辺にある単語やフレーズなどからコンテンツの詳細な内容を判別できるよう改良が加えられました。

つまり共起語が含まれていることで、クローラーはコンテンツ内の情報を正確に読み取れるのです。

共起語が含まれていると有益な記事と評価される

共起語が適切に含まれていると、クローラーはコンテンツの情報が正確に読み取れるようになります。

それだけでなく、共起語がまんべんなく含まれているコンテンツは情報が充実されていると判断され、ユーザーにとって有益な記事だと評価されます。

Googleはユーザーファーストを掲げており、ユーザーにとって利便性の高いコンテンツほど高く評価する傾向にあります。つまり共起語が含まれた記事=有益な記事であるほど高く評価され、検索順位も向上するのです。

網羅性の高い記事になりユーザビリティも高まる

共起語を意識して執筆すると、情報の網羅性が高まります。

たとえば「サッカー ルール」をキーワードにしてコンテンツを作成するとします。

サッカーのルールを知りたいと思うユーザーは、サッカー初心者もしくは未経験者であると仮定できます。初心者・未経験者にとって、サッカーのルールだけが書かれているコンテンツだと内容を理解することが難しいでしょう。

一方、共起語である「オフサイド」の意味、「審判」のシグナルの意味、「ハンド」の条件なども付け足すことで、ユーザーが知りたい情報が網羅されます。

このように、共起語を含むことで自然とコンテンツ内の情報が網羅されてユーザビリティが高まります。結果として、Googleが重視しているユーザーファーストのコンテンツにもなり、高いSEO効果にもつながるでしょう。

共起語の活用事例

共起語は記事の執筆シーンの他にも、新しいコンテンツのネタ探しや既存記事のリライトにも活用できます。

それぞれの活用方法について詳しく解説します。

新しい記事のネタ探し

共起語から、新しい記事のテーマとなるネタを決めることが可能です。

先ほど挙げた「サッカー ルール」の共起語を例に考えてみましょう。

「サッカー ルール」の共起語には「オフサイド」「審判」「ハンド」「反則」「フットサル」などがあります。

これらをベースにして考えると、オフサイドを詳しく解説する記事や、サッカーとフットサルのルールの違いについて解説する記事も書けます。

オウンドメディアのネタ切れに困ったときは、共起語をヒントにネタを探してみましょう。

情報を網羅した記事執筆

コンテンツを執筆するとき、まずは対策キーワードを選定してから始めることが多いでしょう。ただし、キーワードだけを意識すると中身がないコンテンツになりがちなのは先述の通り。

そのため共起語も分析してコンテンツ内に書くべき情報を選定し、情報を網羅した記事にします。

情報の網羅性はユーザビリティを高めSEO効果にもつながります。共起語をヒントに情報を網羅した記事執筆を心がけましょう。

既存記事のリライト

既存記事の検索順位やアクセス数などが思わしくない場合、ユーザーニーズにマッチしていない可能性が考えられるためリライトを検討しましょう。

ただし、むやみにリライトしても効果は得られません。

共起語を分析し、自社コンテンツに不足している情報を見つけることがポイントです。

もし自社コンテンツで触れていない共起語があれば、情報を付け足してユーザーニーズを満たすコンテンツに近づけましょう。

共起語調査ツール5選

共起語の重要性や活用方法について理解したところで、どのように共起語を調査・分析したら良いのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

共起語を調査するためにはツールを活用すると効率的です。

共起語調査のためのツールを5製品紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ラッコキーワード

「ラッコキーワード」はサジェストキーワードや関連キーワードを調査するツールですが、共起語を分析する機能も搭載されています。

上位20サイトから共起語を抽出するため、検索順位で上位になるために書かなければいけない情報が一目で理解できます。

無料で利用できますが、ログインをしていない状態では1日5キーワードまでしか検索できません。それ以上使いたい場合は、IDを登録してログインする必要があります。

共起語検索

「共起語検索」は、上位30サイトから共起語を調査してくれるツールです。

シンプルなインターフェースなので使いやすいのが特徴。初心者におすすめです。

共起語分析ツール

「共起語分析ツール」も無料で使えるツールです。

その共起語の出現数により単語のフォントサイズが変動するため、直感的に共起語として使われることが多い単語を把握できます。

Keywordmap(キーワードマップ)

「Keywordmap」は有料ツールですが、共起語調査だけでなくさまざまなSEO対策機能が搭載されています。

競合サイトや自社サイトの細かい分析を行い、コンテンツの質を高めていきたいと考えている人に有用なツールです。

MIERUCA(ミエルカ)

「MIERUCA」も有料SEOツールとして広く認知されているツールです。

細かい調査や分析が可能なので、総合的なSEO対策ツールを導入したい人は検討しましょう。

共起語を記事制作に活用しよう

共起語の活用は、記事の質を左右します。

記事作成の際には、狙いたいキーワードの共起語を調査して書くべき内容を整理してから進めましょう。

また既存記事の分析も重要です。共起語を調査して不足している情報を洗い出し、記事をブラッシュアップしてください。

今回紹介した内容を参考に、ぜひ共起語を活用した高品質な記事を完成させましょう。

【無料Webサイト診断実施中】

現在運営しているWebサイトでのSEOやマーケティング戦略でお悩みの方に、無料のサイト診断を実施中です。

  • SEO対策や広告戦略で思うように成果が上がらない
  • これからコンテンツマーケティングを実施したいけど、何をすれば良いかわからない
  • 検索順位が思うように上がらない or 急激に下がってしまった

といった方のお悩みを、Webマーケティングに精通したスタッフが無料で診断し、アドバイスします。

無料診断は下記LINE公式アカウントからお申し込みください。

※申し込み状況によっては、無料診断の実施が遅くなる、または実施できない可能性があることをご了承ください。

 

Let's share this post!
TOC
閉じる