わかりやすい文章を書くための心得と書き方のコツ

あなたが書く文章は「わかりやすい文章」になっているでしょうか?

他人が読むことを前提とした文章を書くなら、わかりやすいに越したことはありません。

しかし、ライティングが得意だと自負している人でも、他人が読めば内容が理解できない、つまりわかりにくい文章を書いてしまうことがあります。

わかりやすい(伝わりやすい)文章を書くためには、どのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。

本記事ではわかりやすい文章を書くコツをご紹介します。

TOC

「わかりやすい文章」ってどんな文章?

そもそも「わかりやすい文章」とは、どんな文章のことを指すのでしょうか?

「わかりやすい」とは、言い換えると

  • 理解しやすい
  • 伝わりやすい
  • 納得感がある

などと表現できますよね。

よって、わかりやすい文章は

  • 読んでいて理解しやすい
  • 読者に伝えたいことがしっかり伝わる
  • 読んだ後に納得感がある

という特徴があると定義した上で本題に入っていきましょう。

わかりやすい文章にするための心得

わかりやすい文章を書くうえで一番重要なことは「読者目線」であることです。

ライターはときとして独りよがりな文章を書いてしまいます。

そんな文章は、書いた本人は内容を理解できていても、読者はさっぱり理解できません。

まずは「読者目線」で書くための心得を覚えておきましょう。

「他人が読むこと」を意識する

わかりやすい文章を書く前の大前提として、「これは他人が読む文章である」と意識しましょう。

他人が読むのだから、その人に伝わる文章にしなければいけませんよね。その意識があると「どう書いたら伝わるのかな?どんな表現がわかりやすいかな?」と考えるようになります。

読者の専門レベルを把握する

文章の目的は、読んでもらうことではなく、しっかりと理解してもらうためです。読者にしっかり理解してもらうためには、そもそも誰が読者なのかを明確にし、読者の専門レベルを把握しましょう。

執筆テーマに関するレベルが初心者だと、難しい専門用語を極力使わず、使う場合も解説を入れながら説明する必要があります。

逆に上級者の場合、専門用語を使いながら踏み込んだ内容を書かないと、物足りなく感じてしまうでしょう。

読者の専門レベルに合わせて書くことで、その読者にとってわかりやすい文章になるのです。

読者にストレスを与えない

論理展開が支離滅裂だったり、文法的におかしかったり……そんなわかりにくい文章を読むと、ストレスを感じませんか?わかりやすい文章はスラスラと読めて、なおかつ内容も頭に入ってくるので、読者にストレスを与えません。

いきなり文章力を上げることはできなくても「ストレスを与えないようにしよう」と意識するだけでも、自分でしっかり推敲するようになりますよ。

わかりやすい文章を書くための8つのコツ

次に、わかりやすい文章を書くための具体的なテクニックやコツを8つご紹介します。書きながら意識したいこと、書き終えた後に見直したいことの両方があるので、チェックリストとしてもご活用いただけます!

構成で“道順”を示す

ライティングを始める前に作る構成(プロット)には、重要な役割があります。それは、ライターと読者の両方に“道順”を示すことです。

ライター向け:ライティングの“道順”

読者向け:大まかな内容の“道順”

ライターは、実際に文章を書く際に「何をどんな流れで解説するのか」という道順として、構成を活用できます。

読者の場合、構成は記事の見出しにも反映されるため「この記事は何についてどんな流れで解説しているのか」という内容の道順を示してくれます。構成を見るだけで記事の内容が理解できるのです。

主語と述語を正しい関係にする

文章がわかりにくい原因のほとんどが、主語と述語の関係がおかしくなっていることです。

主語(「何が」「誰の」等)は必ず述語(「〜した」「あった」等)にかかっているもの。しかし日本語は主語を省略できる性質を持つため、わかりにくい文章になることがよくあります。

(悪い例)猫が本を読んでいるとき膝に乗ってきた

この文章だと主語が「猫」で述語が「本を読んでいる」になりますが、猫は本を読みません。本を読んでいるのは私のはずです。そこで次のように書き直します。

(良い例)私が本を読んでいるとき、猫が膝に乗ってきた

「私」と「本を読んでいる」、「猫」と「乗ってきた」。それぞれ主語と述語が正しい関係になり、意味の通る文章になりました。

長い一文は分割する

あなたの一文は長くなりすぎていませんか?その長い一文を声に出して読もうとすると息切れするはずです。

適切な一文の長さは40文字程度で、長くても50文字程度に押さえたいですね。どうしても長い一文になる場合には、分割して二文から三文にしましょう。

ただし、分割しすぎると逆に、読みながらまどろこしいと感じることも。読者にストレスを与えない長さに調節しましょう。

「もの」「こと」「それ」を具体的に示す

「そうしたもの」や「こんなこと」「それが」などに使われる「もの」「こと」「それ」は、前述した内容を指す名詞です。文章をスッキリさせるためには有効な使い方ですが、使いすぎるとわかりにくい文章になります。

「もの」「こと」「それ」を使いすぎている場合には、指している内容を具体的に示してみましょう。

ヨガに通い始めてから体が柔らかくなった。そうしたことはよくあるらしい。

ヨガに通い始めてから体が柔らかくなった。ヨガにより柔軟性が高まる人はよくいるらしい。

コンテクスト(文脈)を意識する

論理展開が支離滅裂で全体の筋が通っていない文章は、たとえ文法があっていても内容を理解できません。「伝えたいことがわからない」と言われる人は、必ずコンテクスト(文脈)を意識しながら文章を書きましょう。

みかんはビタミンCが豊富に含まれている果物として知られています。

りんごには食物繊維が多く含まれ、便秘解消により美肌効果が期待できます。

このように、今までみかんの話をしていたのに、いきなりりんごの話をし始めたら混乱しますよね。文章は前の文と後ろの文とが繋がっています。みかんの話からりんごに話の移る動機を間に入れることで、意味の通る文章になります。

みかんはビタミンCが豊富に含まれている果物として知られています。

ビタミンCは美肌に効果的といわれていますが、実はりんごにも美肌の素が入っているのをご存知ですか?

りんごには食物繊維が多く含まれ、便秘解消により美肌効果が期待できます。

曖昧な表現をしない

「〜だと思います」「〜かもしれません」「〜だそうです」などの推定表現を多用すると、答えが曖昧な印象を読者に与えてしまいます。読者が知りたいのは「YESかNOか」の答えなのです。

読者に答えを示すのに、推定表現はあまり使わないようにしましょう。「〜です」と断定してあげることで、読者は次に取るべきアクションが見えてきます。

何パターンか答えがある場合には「Aという人は〇〇、Bという人は××」とパターンごとに答えを示してあげるといいですね。

かっこつけようとしない

自分の文章表現を向上させたい人は、無理にかっこつけないようにしましょう。かっこつけて巧みな表現をしようとすると、読者に伝わらない文章になってしまうのです。

意中の彼から「俺、好きな人いるんだよね」と相談を受けたらショックです。私なら「相談に乗れない」と断ります。だって、私の恋愛の問題を大きくしちゃうから!

言いたいことは理解できますが、抽象度が高くわかりにくいですよね。最後の一文だけ次のように書き直します。

だって、私と彼が付き合えなくなったら嫌だから!

「恋愛の問題が大きくなる」=「私と彼が付き合えない」と抽象度が下がりましたね。

文章のかっこよさよりも、わかりやすさを優先しましょう。

声に出して読み、違和感がないかを確認

朗読は精度の高い校正ツールです。自分で書いた文章を声に出して読んでみると、すぐに違和感に気付けます。

例えば「てにをは」の使い方がおかしかった、主語と述語の関係がおかしかったなどの文法の違和感は、推敲で見落としていた部分を見つけられます。

他にも「読んでいて内容が頭に入りにくかった」「途中で文脈が通らない部分があった」など、もう少し表現を工夫できる箇所にも気付けるでしょう。

書き終わった直後はもちろん、一日置いて次の日に読み返してみると、文章をブラッシュアップできますよ。

わかりやすい文章を書くには読者目線が一番大事

「読者に伝えるための文章」という意識がないと、わかりやすい文章は書けません。独りよがりな文章にならないように、読者目線を持つようにしましょう。

ただ、書いているときはどうしても自分目線になりやすいです。書き終わった後に改めて読者目線で校正することも大切。

わかりやすい文章で、読者が必要とする情報をきちんと伝えられるようにしましょう!

ゼロから立ち上げた『EDiT.』が、たった4ヶ月で急成長。ロースターのオウンドメディア運営方法を無料で教えます。

無料PDF:ロースター式オウンドメディアのゼロからの立ち上げ方を無料公開。

オウンドメディアを始めようか悩んでいるけど、何から始めればよいのかわからない。始めたはいいものの、どうやってアクセス数を上げていけばいいのかわからない。そんな悩みを抱えていませんか?

この資料では、ロースターが実際にどのようにオウンドメディアを立ち上げ、現在どのように運営しているのかをひとつひとつ解説しています。CMSの選び方から、LPの作り方、記事の運営方法まで、ロースター式オウンドメディア運営術をPDFにまとめました。

あなたのメディア立ち上げ・運用に、ぜひご活用ください。

 

Let's share this post!
TOC
閉じる