RFM分析とは?効率的な分析のやり方とおすすめツール3選

マーケティングに欠かせない顧客分析。その中でもRFM分析は、有用な分析法として多くの企業に取り入れられています。

ここではRFM分析の基本的な概要と効率的な分析のやり方、さらにRFM分析に便利なツールまでをご紹介します。

TOC

RFM分析とは?

RFM分析とは、顧客データを参照し、顧客の購買行動によってグループ分けを行う顧客分析法です。RFM分析には次の3つの指標があります。

  • Recency(最新購買日)
  • Frequency(購買頻度)
  • Monetary(購買金額)

RFM分析により分類された顧客グループごとに最適なマーケティング施策を考えることで、よりマーケティング効果を高めていきます。最終的にはLTV(顧客生涯価値)を高めることが目的です。

【顧客障害価値とは?】
1人・1社の顧客が、企業にもたらす利益の総額のこと

RFM分析で利用する指標について詳しくみていきましょう。

Recency (最新購買日)

顧客が“直近でいつ”購入したのかを抽出し、時期ごとにグループ分けします。

たとえば1ヶ月で使い切ることを想定した商品の場合、1ヶ月以内に購入した顧客、2ヶ月以内に購入した顧客、3ヶ月以内に購入した顧客……と、グループ分けしていきましょう。

最近購入した顧客の方が、何ヶ月も前に購入した顧客よりも優良顧客とみなされます。

Frequency(購買頻度)

Recency(最新購買日)で1ヶ月以内に購入した顧客でも、もしかしたらそれが初回の購入かもしれません。そこで、より精密に顧客をグループ化するために、購買頻度もチェックし、グループ分けしていきます。

購買頻度が高い顧客が多ければリピーターが多いことになりますが、逆に購買頻度が低ければ、その商品にあまり満足していない顧客が多いことになります。どちらにせよ、より効果的なマーケティング施策を考えるのに役立つデータだと言えるでしょう。

Monetary (購買金額)

顧客の購買履歴から、それぞれの購買金額の総額をチェックしてグループ分けします。

ただ単に総額を計算するのではなく、Recency(最新購買日)やFrequency(購買頻度)と同じ期間に限定して計算しましょう。

購買金額が高いほど優良顧客とみなします。ただしRFM分析の特性上、1回のみの購入で5万円の顧客と5回の購入で5万円の顧客とでは、購買頻度の高い後者の方が優良顧客とみなされることがあります。

RFM分析の課題

RFM分析はあくまで一時点の分析法です。時期が変われば顧客属性も変わり、あまり継続性がありません。

同じ1年間の中でも学生が購入しやすい時期(新年度前や夏休み)、ビジネスマンが購入しやすい時期(ボーナス時期)などがあります。学生とビジネスマンとでは属性もお財布事情も異なり、“ある瞬間の顧客分析”しかできないことが課題です。

またRFM分析では購入した商品・サービスは考慮されません。一度しか購入されない家具・家電や繰り返し購入される日用品を一緒に販売している場合、RFM分析に若干のズレが生じることがあります。

RFM分析のやり方

では、RFM分析はどのように行えば良いのでしょうか?次にRFM分析のやり方を順番に解説します。

1.自社の課題を明確にし、仮説を立てる

分析は次のマーケティング施策を考えるために行うものであって、ゴールではありません。分析をして満足してしまわないように、まずは自社の課題を明確にしましょう。

思うように売り上げが伸びない、リピート率が低いなどの課題があれば、その原因や解決策となる仮説を立てます。

ここでRFM分析が適切かどうかを見極めましょう。場合によってはデシル分析やCTB分析への切り替えも検討します。

あわせて読みたい
顧客分析の必要性と適切なマーケティング戦略を見つける4つの手法を解説します ビジネスを加速させるため、企業はあらゆる施策を打ち出していることと思います。しかし、最適な戦略を知らずしてあれこれ試すだけでは暗闇を手探りで進んでいる状態。...

2.分析期間と指標の基準を定める

次にRFM分析を行う期間を定め、R・F・Mそれぞれの指標の基準を決めます。このとき、R・F・Mそれぞれ3〜5段階の指標を決めると良いでしょう。以下は一例です。

R F M
14日以内 10回以上 10万円以上
1ヶ月以内 8〜9回 5万〜99,999円
2ヶ月以内 5〜7回 1万〜49,999円
3ヶ月以内 2〜4回 5000円〜9,999円
4ヶ月以内 1回 〜4,999円

3.指標に沿って分類する

次は購買履歴を参照し、それぞれの顧客をR・F・Mの指標ごとに分類していきます。

分類ごとにポイント付けをしていくと、この後に格付けしやすくなります。たとえば14日以内の購入なら5ポイント、5〜7回の購入なら3ポイントなど。

購買履歴は顧客データを管理するPOSレジデータやショッピングシステムなどから収集できますが、顧客データが重複している可能性もあるため、事前に整理しておくと良いでしょう。

4.分類したデータから格付けする

次に分類したデータを元に、顧客を格付けしていきます。

わかりやすいのは新規顧客、休眠顧客、安定顧客、優良顧客、ロイヤル顧客の5グループです。ポイントに応じて次のように顧客のランクを分けてみましょう。

  • 新規顧客(3ポイント)
  • 休眠顧客(3〜5ポイント)
  • 安定顧客(6〜10ポイント)
  • 優良顧客(11〜14ポイント)
  • ロイヤル顧客(15ポイント)

5.ランクごとの分析を行い、マーケティング施策を考える

最後に顧客ランクごとの分析を行い、顧客ランクに応じたマーケティング施策を考えます。ここで最初に考えた課題と仮説を検証し、それらに基づいた施策を考え、実行することが有効です。

ランクごとの分析では購入されやすい商品やリピートにつながらない商品、さらに購入に繋がった時期的な原因など、RFM分析ではカバーしきれない要素も分析してみると良いでしょう。

さまざまな視点から、顧客ランクごとに最適なマーケティング施策を考えてみてください。

RFM分析におすすめのツール・ソフト3選

最後にRFM分析におすすめのツールやソフトをご紹介します。

エクセル/Googleスプレッドシート

RFM分析は要素が多いですが、それほど複雑で難しい分析法ではありません。そのため、エクセルやGoogleスプレッドシートでも分析可能です。

項目にはR・F・Mに加え、顧客を識別できる番号(顧客IDなど)や注文を識別できる番号(注文番号)、注文日や注文金額を入れます。ショッピングシステムなどからダウンロードしたデータを一括で入れると簡単です。

また、分類がスムーズにできるように、関数や並び替えの操作もマスターしておくと良いですね。

やよいの顧客管理

弥生株式会社が提供している「やよいの顧客管理」にはRFM分析の機能が付いています。さまざまな角度から顧客情報を分析し、優良顧客に集中したアプローチが得意です。

RFM分析以外の顧客分析機能もあり、また弥生株式会社が提供する他のソフトウェアとも連携が可能。サポート体制も整っており、操作方法や活用方法を質問できます。

30日間の無料期間もあるので、トライアルを利用してまずは試してみるのも良いでしょう。

参考:https://www.yayoi-kk.co.jp/

BitRFM4

「BitRFM4」は膨大な購買履歴から、たった数分で消費パターンや優良顧客を分析できるソフトです。デシル分析も可能となっています。

さらに細かな条件設定ができたり、顧客をより細かくランク付けできたりと、顧客ごとによりきめ細かい販促を行いたい企業向け。

こちらも30日間の無料体験があるため、まずは試しに利用してみると良いでしょう。

参考:https://www.newsbit.co.jp/

RFM分析は次のマーケティング施策を考えるための分析法

顧客分析はマーケティングの基本。RFM分析により、性質の違う顧客グループを分類でき、それぞれの顧客グループに合わせたマーケティング施策を考えることができます。

顧客グループに合った販促を行うことは、後に顧客満足度やLTVの向上にも繋がるでしょう。

まずはRFM分析を行い、自社にはどんな顧客がいるか、どの顧客グループが多いかなどを明確にしましょう。

【無料Webサイト診断実施中】

現在運営しているWebサイトでのSEOやマーケティング戦略でお悩みの方に、無料のサイト診断を実施中です。

  • SEO対策や広告戦略で思うように成果が上がらない
  • これからコンテンツマーケティングを実施したいけど、何をすれば良いかわからない
  • 検索順位が思うように上がらない or 急激に下がってしまった

といった方のお悩みを、Webマーケティングに精通したスタッフが無料で診断し、アドバイスします。

無料診断は下記LINE公式アカウントからお申し込みください。

※申し込み状況によっては、無料診断の実施が遅くなる、または実施できない可能性があることをご了承ください。

 

Let's share this post!
TOC
閉じる