最近の、コスメのハナシ。ーローズラボのリップグロスー

マスクの中の花園

コロナ禍になってもう2年以上が経ちました。


マスクとともに毎日を過ごしていくなかで、リップに対する愛が少しずつ薄れてきた、というか、メイクにおけるリップの優先順位がどんどん下がっていました。

昔は、まずリップの色を決めてからほかのパーツのメイクを足し算引き算して楽しんでいたけれど、今はそれができない。

しょうがないからリップのことを考えるのをやめて、目元メイクに集中しよう! と割り切っていたけれど、コスメのお仕事やインタビューをするたびに、リップっていいよな……と思うこともやっぱりあって。

ただ、マットリップみたいながっつり色付きだと、マスクについた色が頬とか鼻に移らないか、ということが地味に気になり。

バームタイプやグロスタイプで良いものがないか探していました。

そんななかで出合ったのが、「ローズラボ」のリップグロス。

2年ほど前にヘアメイクアップアーティストの木部明美さんからローズラボ×木部さんのコラボリップをいただいたのをきっかけに知ったこのブランド。

無農薬の食べられるバラを原料にした無添加の化粧品をつくっているブランドで、今ではオーガニックコスメ売り場で結構推されている気がします(気のせい?)。

私はバラのキツい人工香料が苦手で、もともと“THEバラの香り”はあまり好きな方ではなかったのですが、このリップは全然違う。

バラ園みたいなちょっと青々とした野生味ある香り。そしてリップなのに、ほのかに、ではなくがっつり香ります。

人工的な香りだと強ければ強いほど鼻をつまみたくなるけれど、本物の花束の中に顔をうずめている感じ。

これを、マスクの下に仕込んでみたら……口もとに小さなバラのお花畑が出来上がりました。

マスクの中が快適なことってなかなかないけれど、これを塗るとマスクが苦じゃなくなる。

グロスなので色移りもそこまで気にならないし、うるおいも上々。リップクリームなしで直塗りしても全く問題ナシです。

いまはほとんど誰に見せることもない口元ですが、自分のために、気持ちよく過ごすための“香りで選ぶリップ”があってもいいかもしれません。

撮影・編集・文/田中 朝子(Roaster)


前回の記事はこちら▼

あわせて読みたい
最近の、コスメのハナシ。−ビジュアルに一目惚れした、エルメス ビューティー ネイルカラー85番 メイク、スキンケア、香り、インナーケア……。ビューティ好きのエディター・田中が、仕事プライベート関係なく、最近気になった美容のことを綴ります。ここ数年は、もっ...

立ち上げから1年で月間10万PV達成! ゼロからのオウンドメディア運営マニュアルを公開中

「オウンドメディアを立ち上げようとしているけど、具体的に進め方がわからない」
「メディアを立ち上げたは良いものの、コンテンツを作っても中々アクセス数が伸びない」

という悩みを抱えているメディア運営者の方は多いでしょう。

下記のページでは、元々WEBに強くなかったロースターがこのオウンドメディア「EDiT.」の運用開始から1年で月間10万PVを達成するまでに実行した施策を紹介しています。

ぜひご覧ください。

読んでいただきありがとうございます。シェア大歓迎です。
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる