最近の、コスメのハナシ。ー「uneven」と「to/one」のカラーマスカラー

まつ毛には色を。

昔からカラーメイクは好きなほうでしたが、「マスカラ」は結構難しくて。当時のカラーマスカラといえば、ビビッドな青とか緑とか。主張が強すぎて、まつ毛だけが変に浮いてしまっていた気がします。

でも、いまやブームを通り越してカラーマスカラをつけることが一般的な世の中になっていて。くすみカラーやペールカラーなど、今までになかった色味のものが増えてきてぐっとメイクの幅が広がった気がします。


私もここ数年はもっぱらカラーマスカラ派。なかでもお気に入りが「uneven」と「to/one」です。(定番中の定番ですが)

カラーマスカラにおける革命的存在の「uneven」

ビビッドではなくミルキーなカラーリングが新鮮で、しかも漆黒の自まつ毛にのせてもしっかり発色するのが特徴。

正直、パッケージはどシンプルでこれといった特徴はないけれど、広告(SNS)ビジュアルがとてつもなく可愛い!!!

色味ももちろんだけど、意外と売れる秘密はここなんじゃないかなとも思っています。

個人的には、あえて上まつ毛は自まつ毛のままで、下まつ毛だけにつけるのが好きです。

そして色々使ってみたけど結局私的第1位なのがto/oneのロングラッシュマスカラ04(オレンジ)。

発色はいいけれどややダークめなオレンジなので、ビューラーでがっつり上げてたっぷりわさわさつけるのがおすすめ。

ちょっとツヤ感もあって、瞬きするたびにちらちらオレンジが見える感じがたまらなく良いのです。

アイライナーとかアイシャドウ、リップに比べると、“面”(皮膚)に色がのらないので意外とさりげない。

カラーメイクを始めるなら、マスカラから始めるのが俄然おすすめです。

そういえばこの間、ヘアメイクさんにカラーマスカラはまつ毛の根本から塗らずに、中間から塗るのがいいという話を聞きました。

まつ毛の根元の黒色を残しておくことでアイライン効果が出て、目が強調されるらしい。

なるほど……ということで最近実践しています。

撮影・編集・文/田中 朝子(Roaster)


前回の記事はこちら▼

あわせて読みたい
最近の、コスメのハナシ。ーローズラボのリップグロスー マスクの中の花園 コロナ禍になってもう2年以上が経ちました。 マスクとともに毎日を過ごしていくなかで、リップに対する愛が少しずつ薄れてきた、というか、メイクにお...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

読んでいただきありがとうございます。シェア大歓迎です。
目次
閉じる